専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

レブロンは90年代なら「今ほど成功するとは思わない」。ウォーレスの持論に識者が反論「クレイジーな主張だ」<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.09.09

ウォーレス(中央)が現役時代に対戦経験のあるレブロンに対し、持論を展開した。(C)Getty Images

ウォーレス(中央)が現役時代に対戦経験のあるレブロンに対し、持論を展開した。(C)Getty Images

 現代のNBAは、マジック・ジョンソンやラリー・バード、マイケル・ジョーダンといったスーパースターたちが牽引した1980~90年代とはスタイルが大きく異なり、ポジションレス化、スモールボール化が進んでいる。そんななか、ストレッチ4(3ポイントを得意とするパワーフォワード)の先駆け的存在だったラシード・ウォーレスは、“キング”ことレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)について、当時だったら今ほど活躍していなかったはずだと持論を展開した。

 ポッドキャスト番組『Million Dollaz Worth of Game』に出演したウォーレスは、現代でプレーする選手たちを「ビーストか、ソフトか?」の二択で分類。ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ジェームズ・ハーデン(ブルックリン・ネッツ)を「ソフト」と一刀両断したあと、レブロンに関しては少し考えてから、意見を述べ始めた。
 
「俺の時代でも、彼はほかの選手よりもほとんどの場合で大きかったから、フィジカル面で上手くやっていただろう。十分な力があったとは思うけど、今ほど成功するとは思わない。当時はまったく別の時代だ。彼がビーストだとは必ずしも言えないけど、それなりにやっていたはずさ」

 1995年にNBA入りしたウォーレスは、現役復帰を果たしたジョーダンを中心にシカゴ・ブルズが2度目の3連覇を果たした時代(96~98年)を経験している。それに加えて、引退と復帰を経て2013年までプレーしており、2003年から計8シーズン(引退期間を除く)レブロンと対峙。デトロイト・ピストンズ時代の06-07シーズンには、カンファレンス決勝でレブロン擁するクリーブランド・キャバリアーズに敗れるなど、何度となく顔を合わせてきた間柄だ。

 ツッコミどころがあるのは否めないウォーレスの主張だが、熟練のビッグマンは、東京五輪の金メダル獲得で“史上最高の選手”の声も上がっているケビン・デュラント(ネッツ)に対しても、90年代ではトップには君臨していないと語っている。
 
NEXT
PAGE
「当時ならそこまでの成功は収めていないだろうけど…」

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング