専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

今季絶好調のカリーが「バスケットボール人生でどん底」だった時期を告白「本当に恋しく感じた」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.11.30

カリー擁するウォリアーズは開幕20試合を終えて18勝2敗と絶好調。次戦では16連勝中のサンズと対戦する。(C)Getty Images

カリー擁するウォリアーズは開幕20試合を終えて18勝2敗と絶好調。次戦では16連勝中のサンズと対戦する。(C)Getty Images

 今季絶好調のゴールデンステイト・ウォリアーズは、現地時間11月28日(日本時間29日、日付は以下同)にロサンゼルス・クリッパーズを105-90で下し、18勝2敗(勝率90.0%)とした。

『Elias Sports Bureau』によると、今季のウォリアーズはNBA史において開幕20試合で18勝以上をマークした20チーム目となった。これまでこの快挙を達成した19チームのうち、7チームが優勝しており、直近では2014-15シーズンのウォリアーズがクリアしている。

 特にステフィン・カリーの活躍は圧巻で、19試合を終えて3ポイント100本(105本)成功と、自身が保持する記録(20試合)を更新するペースでリングを射抜いている。

 今季のカリーはケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)と並んでリーグトップタイの平均28.6点に5.8リバウンド、6.8アシスト、1.8スティール。3ポイントはキャリアハイの平均5.5本を沈めており、成功率も42.3%という高精度を誇る。

 今から約20年前、ロックアウトで50試合の短縮となった1998-99シーズン。各チームの3ポイント試投数は平均13.2本だったが、今季のカリーは平均13.1本と、それに匹敵する本数を1人で繰り出していることは、驚異的と言わざるを得ない。
 
 ウォリアーズは15~19年まで、5年連続でウエスタン・カンファレンスを制してNBAファイナルまで勝ち上がり、そのうち3度(15、17、18年)も優勝を経験。

 だが19-20シーズンのウォリアーズはクレイ・トンプソンがケガで全休、カリーも左手の骨折により5試合の出場に終わり、リーグワーストの15勝50敗(勝率23.1%)と低迷した。

 同シーズンは新型コロナウイルスのパンデミックによりリーグは3月に中断へと踏み切り、同年7月末からフロリダ州オーランドのバブル(隔離された施設)でシーディングゲーム(順位決定戦)とプレーオフが開催。しかし、シーズン中断時点でウォリアーズはプレーオフ出場が絶望的で、参戦できない屈辱も味わっていた。

 クリッパーズ戦後、『Yahoo! Sports』のインタビューに応じたカリーは、ここ2年間で感じた最も低い位置についてこう話していた。
 
NEXT
PAGE
「バブルを観て、僕はやり合うのが大好きなんだと感じた」

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング