専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

【NBA】渡邊雄太が今季初2桁の11得点、6リバウンド!チームは敗戦も3本の3ポイントで追い上げに貢献<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.12.01

今季3戦目の出場で11得点、6リバウンドを記録した渡邊。ベンチからチームに勢いをもたらした。(C)Getty Images

今季3戦目の出場で11得点、6リバウンドを記録した渡邊。ベンチからチームに勢いをもたらした。(C)Getty Images

 渡邊雄太が古巣との一戦で今季最高の活躍を見せた。

 現地時間11月30日(日本時間12月1日)、トロント・ラプターズはホームでメンフィス・グリズリーズと対戦。91-98で敗れたが、渡邊は今季3戦目の出場で28分41秒プレーし、11得点(フィールドゴール4/9、3ポイント3/8)、6リバウンドをマークした。

 第1クォーター残り5分23秒にベンチからコートに立った渡邊は、同4分7秒にこの日最初の試投で3ポイントを成功。前半はその後2本の長距離砲を放っていずれもリングに嫌われたものの、後半に見せ場を作る。

 48-56とビハインドの第3クォーター残り7分44秒に投入されると、直後の攻撃でスコッティ・バーンズのアシストから3ポイントをヒット。同4分39秒には再びバーンズのパスから3本目の3ポイントを沈めてホームのファンを沸かせた。
 
 さらに同2分17秒には速攻で味方のこぼれ球を拾い、2点差に迫るゴール下のシュートを成功。好守に加え、このクォーターだけでチーム最多の8得点、4リバウンドを記録し、追い上げに一役買った。

 第4クォーターも約2分半の休憩のみで、ベストメンバーの1人として最後までコートに立ち続けた渡邊。追い上げも実らずチームは敗れたものの、出場時間および得点、リバウンドは今季自己ベストかつ、この日のベンチ陣では最高数値を記録した。

 3連敗のラプターズは9勝13敗でイースタン・カンファレンス12位。次戦は2日(同3日)、ホームで昨季王者のミルウォーキー・バックスと対戦する。

構成●ダンクシュート編集部
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング