専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

全体トップのカリーにレブロンが肉薄!新鋭モラントも初のオールスター出場に前進【NBAファン投票途中経過一覧】

ダンクシュート編集部

2022.01.14

第1回途中経過に続き全体トップの票を集めたカリー(左)。2位には前回4位のレブロン(右)がつけた。(C)Getty Images

第1回途中経過に続き全体トップの票を集めたカリー(左)。2位には前回4位のレブロン(右)がつけた。(C)Getty Images

 現地時間1月13日、NBAが2月20日にクリーブランドで開催するオールスター2022のファン投票第2回途中経過を発表した。

 1月6日の第1回途中経過と同様、全体トップの票数を集めたのは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー。そして全体2位にはロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが名を連ねた。前回開票時には50万票以上の差があった両者だが、ここにきて好調の後者が肉薄。最終的にどちらが最多票を集めるのか注目される。

 全体3位およびイーストで最多は、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラント。ただ、こちらもミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボが僅差で次点につけており、トップ争いは最後までもつれそうだ。

 各部門別では、イーストのガード部門でシカゴ・ブルズのデマー・デローザンが首位を快走。好調のチームを牽引する立役者として、4年ぶりの球宴返り咲きは間違いなさそうだ。同部門の3位にはチームメイトのザック・ラビーンもランクインしており、2人揃っての先発出場もあり得る。
 
 一方、ウエストのガード部門ではメンフィス・グリズリーズの若きエース、ジャ・モラントが3位から2位に浮上。ここ最近の目覚ましい活躍によって多くの票を集め、初のオールスター出場に前進している。

 ウエストのフロントコート部門ではレブロン、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)のトップ2は不動。3位にはロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージに代わって、ウォリアーズのアンドリュー・ウィギンズが食い込んだ。2014年ドラフト1位の大器が、8年目にして初のオールスターの座を射止めるか。

 ファン投票は米国東部時間1月22日まで行なわれ、現役NBA選手とメディアの投票を合わせたポイントでスターターを決定(比率はファン投票が50%、選手とメディアが各25%)。イースタンとウエスタンの各カンファレンスから上位3人のフロントコート選手と2人のガード選手が選ばれる。

 なお、チームの編成方法は今年も東西の最多票を獲得した2名のキャプテンによるドラフト方式。両キャプテンはスターターとリザーブに選出された選手の中から、所属カンファレンスにかかわらず選手を指名する(ドラフトの詳細は後日発表予定)。

 第2回途中経過の詳細は以下の通りだ。
NEXT
PAGE
東西カンファレンス各部門のトップ10一覧

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング