専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2022.03.19

2人の元同僚オークレーは、ジョーダン(左)とピッペン(右)のどちらが上かという議論について「スコッティは勝てない」と語った。(C)Getty Images

2人の元同僚オークレーは、ジョーダン(左)とピッペン(右)のどちらが上かという議論について「スコッティは勝てない」と語った。(C)Getty Images

 マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。

 ジョーダンとピッペンは、後者がNBA入りした1987年から6シーズン、そして前者が最初の現役引退から復帰した1995年3月から3シーズンと2か月、ブルズで共闘。その間、6回出場したNBAファイナルすべてで優勝し、黄金期を築いた。

 歴代トップのキャリア平均30.1点を誇るジョーダンが不動のエース、それを攻守万能なオールラウンダーのピッペンがサポート。阿吽の呼吸を見せた2人は、ファイナルでチャールズ・バークレー&ケビン・ジョンソン(フェニックス・サンズ)、ゲイリー・ペイトン&ショーン・ケンプ(シアトル・スーパーソニックス/現オクラホマシティ・サンダー)、ジョン・ストックトン&カール・マローン(ユタ・ジャズ)など、強力なライバルたちをねじ伏せてリーグを席捲した。
 
 そんな2人の間に亀裂が入るきっかけとなったのは、2020年4~5月に米スポーツ専門局『ESPN』で公開されたブルズのドキュメンタリー『ザ・ラストダンス』。チームのリーダーだったジョーダンが仲間を叱咤激励して奮起を促し、栄光へと導いたように描かれた一方、開幕前に足首の手術を遅らせたピッペンは“セルフィッシュ”な判断だったと非難された。

 ピッペンは「不満なんか持っていない」と発言していたが、昨年11月に発売した自伝『Unguarded』で「マイケルがバスケットボールを台無しにしたと言ってもいいかもしれない。1980年代は全員がボールを動かし、チームのためにパスをしていた。それは1990年代に途絶えた」と綴り、かつての相棒に公然と牙をむいた。

 1995-96シーズンに数か月間、ジョーダン&ピッペンと同僚だったジョン・サリーは、「ピッペンは私が一緒にプレーしたなかで最も熟練した選手だった」と主張。名手ペイトンも「ピッペンなしではあの強いブルズはなかっただろう」とピッペンの存在感の大きさに同調するなど、現役選手やOBを巻き込んでの論争は今なお続いている。
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング