専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ウォリアーズとレイカーズの“最強チーム論争”にシャックが反論「ヤツらがダブルチームしないなら俺は60得点するぞ」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.07.22

答えの出ない最強チーム論争。カリー(左)、シャック(右)どちらも自分がいるチームが強いと自信を覗かせた。(C)Getty Images

答えの出ない最強チーム論争。カリー(左)、シャック(右)どちらも自分がいるチームが強いと自信を覗かせた。(C)Getty Images

 NBAのプレーオフは、レギュラーシーズンを勝ち抜いたチームが王座をかけて争うステージであり、これまで無敗で頂点に立ったチームは皆無だ。

 だが歴史上、“無敗優勝”に限りなく近づいたチームが2つある。それは2017年に16勝1敗(勝率94.1%)で頂点に立ったゴールデンステイト・ウォリアーズ、そして01年に15勝1敗(勝率93.8%)で連覇を達成したロサンゼルス・レイカーズだ。

 当時のウォリアーズは現在も主軸として活躍するステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのビッグ3にケビン・デュラント(現ブルックリン・ネッツ)という歴代最高級のスコアラーを擁し、NBAファイナル第4戦でクリーブランド・キャバリアーズに1敗しただけで、プレーオフを勝ち上がった。

 一方のレイカーズはシャキール・オニール(シャック)、コビー・ブライアントというリーグ史に残るデュオが君臨。その周囲をホーレス・グラントやロバート・オリー、リック・フォックス、ロン・ハーパーといった百戦錬磨のベテラン陣が支え、デレック・フィッシャーが第3の男として台頭した。
 
 現地時間7月18日に『Complex』へ公開されたインタビューで、カリーは仮想対決になると話しつつも、「当時のウォリアーズとレイカーズが戦ったら」という議題に回答した。

「もし僕らが2001年のレイカーズと対戦したら、間違いなく自分たちが勝てると思う。誰がシャックをガードするのかは分からないけど、僕とクレイを誰がガードできるのかも思い浮かばないね。僕らは手強いからね。それにスリー(ポイント)はツーよりも効果的なのさ」

 216cm・147kgという規格外な肉体にスキルも兼ね備えていたシャックは、文字通りペイントエリアで無双しており、1対1でマッチアップできる選手など皆無と恐れられてきた。

 だがカリーも自身とトンプソンによる“スプラッシュ・ブラザーズ”を、レイカーズが守り切ることができるとは思えないと、挑戦状のように発言した。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング