専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ジョーダンへの「尊敬しない」発言の真意をアイバーソンが告白「彼をリスペクトしないなんてふざけてる」<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2023.01.11

ジョーダン(右)に対する「尊敬しない」発言について、アイバーソン(左)がその真意を語った。(C)Getty Images

ジョーダン(右)に対する「尊敬しない」発言について、アイバーソン(左)がその真意を語った。(C)Getty Images

 NBAレジェンドの1人、アレン・アイバーソン。1996年のドラフト1位指名でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに入団した公称183cmの小柄なガードは、新人王、シーズンMVP、4度の得点王獲得など輝かしい実績を残しただけでなく、観る者の心を震わせる熱いプレー、そしてコート外でも圧倒的なカリスマ性を誇った、2000年代を代表するスーパースターだ。

 そんなアイバーソンが最も敬愛する選手がマイケル・ジョーダン。NBAの象徴とも言えるレジェンドに対し、アイバーソンは常にリスペクトを示し、最大限の賛辞を贈ってきた。

 1月10日(日本時間11日)に掲載されたファッション・カルチャー雑誌『GQ』のインタビューでも、アイバーソンはジョーダンについて言及。自身のプレースタイルに関する質問を受け、シカゴ・ブルズを6度の優勝に導いた“神様”がキャリアにどれほど影響を与えたのかについて語った。
 
「マイク(ジョーダンの愛称)から学んだんだ。俺はいつも彼をスーパーヒーローのように見ていた。リストバンドの着け方や、スキンヘッド。顎髭に、脚に着けたサポーターも好きだった。俺のヒーローだったんだ。

(デトロイト)ピストンズが彼を破った時、泣いたことを覚えている。母がドレッサーの上にテレビを置いていたんだけど、『失明する前に離れろ!』って言われるくらい、近くで観ていたよ。それくらい、俺は彼を愛していた。近くにいたかった。彼は、俺にバスケットボール選手になるためのビジョンを与えてくれたんだ」

 ただ、そんなアイバーソンも、新人時代にジョーダン率いるブルズと対戦した際に「俺は誰も尊敬しない」と発言、それがジョーダン含む全員に対する言葉だと受け取られ物議を醸した。このことについて、アイバーソンは「ルーキーイヤーに傷ついたことがあった」と切り出し、こう話した。

「ブルズと対戦していた時、ジェリー・スタックハウスがマイクとスコッティ・ピッペンに喧嘩を売ったのを覚えている。俺はフリースローラインにいて、その口論に巻き込まれることはなかった。スコッティは『誰に対してもリスペクトしないなら、俺たちをリスペクトしろ』と言ってきたんだ。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング