専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

元ニックスのマクダニエルが“同類”グリーンの闘争心を高評価「何もしないよりは、ファウルで誰かをやっつけるのを見たい」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2024.04.02

闘争心が強く、相手と揉めることも多かったマクダニエル(右)にとって、現代のNBAでグリーンは自身を彷彿させる数少ない選手だという。(C)Getty Images

闘争心が強く、相手と揉めることも多かったマクダニエル(右)にとって、現代のNBAでグリーンは自身を彷彿させる数少ない選手だという。(C)Getty Images

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、持ち前のディフェンス力とチームの潤滑油的な役割でチームの4回の優勝に貢献してきた。時に自分を抑え切れず、今季だけで退場は4回を数えるが、元NBA選手のゼイビア・マクダニエルは、その闘争心を高く買っているようだ。

 マクダニエルは現役時代、シアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)、フェニックス・サンズ、ニューヨーク・ニックス、ボストン・セルティックス、ニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)で計870試合に出場。

 ソニックス時代は平均20点を4回クリアするなどスコアラーとして活躍したほか、ニックス在籍時のプレーオフではシカゴ・ブルズのスコッティ・ピッペンに対してタフなディフェンスを披露。通称“エックスマン”は、フィジカルなプレーで相手選手と口論になることも多かった。

 現在60歳のマクダニエルはポッドキャスト『No Nonsense Tim Thomas & Scoop B』に出演した際、今のNBAにおいて自身を彷彿とさせる数少ない選手にグリーンの名前を挙げた。

「態度や姿勢、立ち振る舞い的にはドレイモンド・グリーンだね。プレーに関しては、私みたいなプレーをする選手はいない。私のゲームは、誰とも比較できない。私のターンアラウンドジャンパーは凄いんだ。ドレイモンドを除いては、対戦相手にFワードを言うくらいの熱いコンペティターで、私のようなプレーをする選手はいない。ドレイモンドはウォリアーズの偉大なシステムだ」
 
 グリーンはキャリア平均8.7点とスコアラータイプではなく、2017年に最優秀守備選手賞に輝くなど、ディフェンスが持ち味だけに、プレーにおいて共通点は少ないかもしれない。それでも、マクダニエルはグリーンの燃えるような闘争心は嫌いではないようだ。

「ドレイモンドは敵対的なのに、ほかの人間は誰も彼に攻撃的ではないのは大きな違いだ。いじめっ子はみんなをいじめ、誰もいじめっ子をいじめることはない。ドレイモンドは誰かに殴られるまで、それを続けるつもりだ。

 私は彼に対して腹を立てているわけではない。何もしないよりは、ファウルで誰かをやっつけるのを見たい。多くの選手は何もない。ルールは劇的に変わったしね」

 グリーンは現地時間3月27日(日本時間28日)のオーランド・マジック戦で、開始から約4分でテクニカルファウル2回により退場処分。前日のマイアミ・ヒート戦でも相手選手の首に手をかける危険プレーを見せており、批判が相次いだ。

 元オールスター選手のケニョン・マーティンは昨年、ギルバート・アリナスがホスト役を務めるポッドキャスト番組『Gil's Arena』で、「なぜ誰もドレイモンドに報復しないんだ? 俺の故郷ではいじめっ子もいじめられる。ドレイモンドのことは好きだし、彼のプレーやウォリアーズのためにしてきたことは好きだけどね」と疑問を呈していた。

 賛否両論のグリーンだが、今季のプレーオフでウォリアーズが快進撃を見せれば、周囲の評価は変わるかもしれない。

構成●ダンクシュート編集部

謹慎後も暴走が止まらぬグリーンはもはや更生不能?連日の問題行動に相手選手の家族が口撃「引退して自分の人生を生きるべき」<DUNKSHOOT>

“悪童”グリーンに情状酌量の余地なし?ヒート戦でミルズにまたも危険なプレー!<DUNKSHOOT>

「彼は人を苛立たせるコツを得ている。それで生計を立ててきた」アリナスがグリーンの“隠れたスキル”に言及<DUNKSHOOT>
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号