専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

レブロンとジョーダン、どちらが優れた選手?元ピストンズのレインビアは「レブロン最強説」を提唱。理由は“キャリア初期の戦績”の違い

ダンクシュート編集部

2020.04.17

現在、WNBAのラスベガス・エイシーズでHCを務めるレインビアは、現役時代にジョーダン率いるブルズを何度も苦しめた。(C)Getty Images

現在、WNBAのラスベガス・エイシーズでHCを務めるレインビアは、現役時代にジョーダン率いるブルズを何度も苦しめた。(C)Getty Images

 当時のピストンズはアイザイア・トーマス、ジョー・デュマース、ロッドマンら職人肌の選手が揃い、ヒール軍団“バッドボーイズ”としてリーグを席巻。特にまだスコッティ・ピッペンらが若く、ジョーダンのワンマンチームだったブルズを「ジョーダン・ルール」と呼ばれるファウルすれすれのラフプレーで封殺した。ジョーダンはプレーオフにおいてほとんどのチームに対して勝率5割以上の成績を残しているが、負け越している2チームがピストンズ(10勝12敗/平均30.0得点、6.7リバウンド、6.1アシスト)と、バードがいたボストン・セルティックス(0勝6敗/平均39.7得点、6.7リバウンド、5.8アシスト)なのもキャリア初期の戦績によるものが大きいだろう。

「重要なのは、レブロンはリーグの一員となった初日からチームメイトを参加させて勝利する方法を知っていた。それはジョーダンが長い間、学ばなければならなかったものだ。チャンピオンシップで言えば、明らかにジョーダンのほうが多い。でも、レブロンは近年やってきたことをどの年代でもやってのけている」
 
 レインビアが言うように、ジョーダンの優勝6回に対してレブロンは半分の3回。レブロンが初めてリーグタイトルを手にしたのは、クリーブランド・キャバリアーズから飛び出し、マイアミ・ヒートでドゥエイン・ウェイド&クリス・ボッシュと“ビッグ3”を形成した後の2012年だったことも忘れてはならないが、バスケットボールがチームスポーツだといち早く理解していたとして、レインビアは「レブロン最強説」を展開していた。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】35歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!
 
NEXT
PAGE
【動画】ジョーダンとレブロンのキャリアハイライト!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング