専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

追い込まれたロケッツとナゲッツの逆転劇はあるか?1勝3敗からシリーズをひっくり返したチームたち

ダンクシュート編集部

2020.09.11

2016年のキャブズはファイナル史上初の1勝3敗からの逆転優勝を飾った。(C)Getty Images

2016年のキャブズはファイナル史上初の1勝3敗からの逆転優勝を飾った。(C)Getty Images

■2015年ヒューストン・ロケッツ(カンファレンス準決勝vsロサンゼルス・クリッパーズ)
 ロケッツは第2戦に勝ちシリーズをタイに持ち込むも、第3戦は25点差、第4戦は33点差の完敗で後のない状態に。第5戦に勝利して首の皮一枚つながったものの、第6戦では第3クォーター終了時点で13点差を追っていた。万事休すと思われたが、最終クォーターでベテランのジョシュ・スミスとコーリー・ブリューワーが2人で29得点と爆発。40-15とクリッパーズを圧倒し逆転勝ちを収めると、最終戦ではジェームズ・ハーデンが31得点、トレバー・アリーザが22得点、ドワイト・ハワードが15リバウンドをあげる活躍で相手を粉砕した。

■2016年ゴールデンステイト・ウォリアーズ(カンファレンス決勝vsオクラホマシティ・サンダー)
 同シーズンにNBA最多記録となる73勝をマークしたウォリアーズだが、カンファレンス決勝ではケビン・デュラントとラッセル・ウエストブルックの2枚看板を擁するサンダーに大苦戦。それでもステフィン・カリー&クレイ・トンプソンの“スプラッシュ・ブラザーズ”の活躍で第5戦をモノにし2勝目をあげると、敵地での第6戦ではトンプソンがプレーオフ記録の11本の3ポイントを含む41得点、相棒のカリーも31得点を叩き出し逆転勝ち。これで息を吹き返したウォリアーズは最終戦も勝利し、2年連続のファイナル進出を決めた。
 
■2016年クリーブランド・キャバリアーズ(ファイナルvsゴールデンステイト・ウォリアーズ)
 キャブズは前年王者のウォリアーズに攻守でレベルの差を見せつけられ、簡単に王手をかけられてしまう。ところが、ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、フレイグラントファウルの累積で第5戦の出場停止が決まるとシリーズの流れが一変。第5戦でキャブズはレブロン・ジェームズとカイリー・アービングがともに41得点をあげて2勝目を手にすると、ホームに戻った第6戦も勝利。最終戦ではレブロンがトリプルダブル、アービングが決勝シュートを沈め王者を撃破。ファイナル史上初となる1勝3敗からの逆転優勝を成し遂げた。

 2000年以降の逆転劇は上記の5例。ただ、ナゲッツは先述のように今年のポストシーズンで、ロケッツは2015年、さらに連覇を飾った1995年のカンファレンス準決勝でサンズ相手に1勝3敗から逆転勝利を飾っている。今季の両チームの運命はいかに。

構成●ダンクシュート編集部

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集
 
NEXT
PAGE
【動画】2016年ファイナル、1勝3敗から逆転優勝を成し遂げたキャブズのミニムービー

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング