専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

ラ・リーガではベンチに逆戻りの久保建英…「成長途中の助っ人」が身を置くビジャレアルの厳しい環境

THE DIGEST編集部

2020.11.09

エメリ監督は久保をEL要員と考えているようだ。(C)Getty Images

エメリ監督は久保をEL要員と考えているようだ。(C)Getty Images

 ビジャレアルは11月8日(現地時間)、ラ・リーガ第9節でヘタフェを3-1で下し、公式戦4連勝を果たしている。

 バルセロナ、ベティスを下した難敵相手に、主導権を握って勝点3を手にしたアウェーマッチは、ウナイ・エメリ監督をして「最も完全な試合」(日刊紙『AS』より)と言わしめたほどであり、現在の「イエローサブマリン」の充実ぶりを物語るものだった。

 その中で久保建英は、前節バジャドリー戦に続いてのベンチスタートとなり、出番が訪れたのは、大勢が決した後の86分。ジェラール・モレーノとの交代でピッチに立つと、巧みなボールコントロールを披露したものの、見せ場と言えるほどの場面を作るまでには至らなかった。

 試合時間が短かったことで、『AS』や日刊紙『MARCA』は採点なしとしているが、前者は寸評で「彼は危険な存在だった。相手に脅威を与えながら、攻撃をスタートさせ、敵陣に到達した」と19歳の日本人について好意的に綴っている。

 負傷者が徐々に復帰してきている中での、ラ・リーガでの2戦連続ベンチスタートは、エメリ監督が久保を「ヨーロッパリーグ(EL)要員」に定めたことの証とも言えよう。久保がラ・リーガで先発出場を飾ったのは、ジェラール負傷離脱中の7節カディス戦だけだ。
 
 基本フォーメーションの4-3-3における前線は、エメリ監督の中でジェラール、パコ・アルカセル、モイ・ゴメスがファーストチョイスで、そこにサムエル・チュクウェゼが肉薄しているという印象だ。

 久保の所有元であるレアル・マドリーの専門メディア『Defensa Central』は、彼のヘタフェ戦での起用について「ナンセンス。レンタル途中終了を検討するに値する侮辱」と、久々にエメリ監督を糾弾しているが、ビジャレアルが結果(マドリーを上回るほどの!)を残しながら、さらに力を上げている状況で、バスク出身の智将が考えを曲げるはずがない。

 久保は幾つかの試合でチーム最高とも言えるパフォーマンスを披露しているものの、絶対的な存在としての信頼をエメリ監督からは受けていない。指揮官がELマッカビ・テルアビブ戦前に「ELでは、クボらのような新しい選手の起用という“挑戦”をする必要がある」と語ったのが象徴的である。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング