専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「セインツがもっと高額を提示するはず」セビージャの南野拓実獲得報道に英メディアが異論!

THE DIGEST編集部

2021.03.21

来季、南野がどのクラブに所属するにせよ、現在のサウサンプトンで結果を残さなければ道は開けない。(C)Getty Images

来季、南野がどのクラブに所属するにせよ、現在のサウサンプトンで結果を残さなければ道は開けない。(C)Getty Images

 今冬にリバプールからサウサンプトンにレンタル移籍した南野拓実。契約期間は今季いっぱいとなっているが、来季以降の去就については、様々な憶測が流れている。

 リバプールへの復帰、サウサンプトンへの完全移籍とともに、可能性として挙がっているのが、スペインの強豪セビージャ行きだ。先月には、敏腕SDのモンチが獲得に動き、1000万ユーロ(約12億円)の移籍金を準備しているという報道がなされたが、先日、再びスペインから新たなニュースが発信された。

 スペイン紙『La Razon』が報じたところによると、セビージャは南野に加えてジェルダン・シャキリの“二枚獲り”を画策し、ふたり合わせて2500万ユーロ(約31億円)を提示するとのこと。シャキリに対しても、セビージャは以前から注目しており、実際にオファーも出したものの、リバプールから断られていたという。

 南野について同メディアは、来季以降も「マージ―サイドに彼の居場所はない」と主張しており、スペイン上陸の可能性は十分にあると見ているようだが、これに対して英国メディア『HITC』は異論を唱えている。

「南野について“失敗作”とまでは言えないものの、ここまでリバプールではうまくいっていない」と綴る同メディアは、来季以降に南野を売却する可能性を否定はしていないものの、その場合に買い手となるのはセビージャではないという。
 
 南野は新天地で2ゴールを挙げ、サウサンプトンはこれに強い感銘を受けているという。もし、彼が今後もチームのプレミアリーグ残留に貢献する活躍を見せた場合、おそらくサウサンプトンはセビージャのオファーをはるかに上回る金額を提示するはずだということだ。

 南野が活躍できないのなら、セビージャも手を引くだろうし、活躍すれば財政力で他国クラブを上回るプレミアリーグ勢が争奪戦を制するというのが、同メディアの見方である。

 いずれにせよ、南野の去就に関しては、所有元であるリバプールの事情が大きな影響を与えることは間違いない。地元紙『Liverpool Echo』は、“レッズ”が攻撃陣の陣容の入れ替えを敢行する可能性は高いと見ており、自慢の3トップ「フロントスリー」の一部やディオゴ・ジョッタらを除けば、一斉に売却することもあり得るという。
 
NEXT
PAGE
リバプールは850万ユーロ(約10億円)を払って南野を獲得したが、ハーランドは…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング