専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「よく見えなかった」C・ロナウドがブチギレた大誤審に“敵将”ストイコビッチも言葉を濁す!?「ミスもサッカーの一部だ…」

THE DIGEST編集部

2021.03.28

C・ロナウド(左)が怒りを露わにするほどの誤審に、ストイコビッチ(左)も持論を口にした。 (C) Getty Images

C・ロナウド(左)が怒りを露わにするほどの誤審に、ストイコビッチ(左)も持論を口にした。 (C) Getty Images

 サッカー界屈指の大スターが誤審に激昂した。

 現地時間3月27日に開催されたカタール・ワールドカップの欧州予選・第2節で、クリスチアーノ・ロナウドを擁するポルトガルは、敵地でセルビアと対戦した。

 問題が起きたのは、2-2で迎えた後半アディショナルタイム4分、2点を先行していたポルトガルが勝ち越しの絶好機を迎えた時だった。

 浮き球のパスに反応したC・ロナウドが飛び出してきた相手GKを見事に出し抜いたシュートを放つと、ボールは無人のゴールへ。全力疾走で戻ってきたセルビアのFWアレクサンデル・ミトロビッチがスライディングでかき出すが、ボールはその前に明らかにゴールラインを割っていた……ように見えたが、なんと審判団はゴールを認めなかったのだ。

 ファインゴールを認められず、猛抗議の末にイエローカードを出されたC・ロナウドは、激高。試合中にもかかわらずキャプテンマークを地面に叩きつけて、そのままピッチを後にしてしまったのだ。

【動画】大誤審にC・ロナウドが完全にプッツン! 驚きのブチギレシーンはこちら
 2-2で決着した試合後、ポルトガルのフェルナンド・サントス監督は、ダニー・マッケリー主審がドレッシングルームを訪れ、「あのジャッジは恥ずかしい」と言って謝罪したことを明かしたうえで、「我々が上手く試合を進められなかった事実が無くなる訳ではないが、ああいうジャッジはあってはならない。50センチ以上もゴールの内側に入っていた」と嘆いた。

 怒り心頭といった様子のポルトガル側に対し、ジャッジに救われた格好のセルビア側は何とも言えない心境だ。今年2月20日に就任したばかりのドラガン・ストイコビッチ監督は、試合後の会見で、「私にはよく見えなかった」と言葉を濁した。

「あの審判のジャッジについては、有利なものであれ、不利なものであれ、私はコメントをしないよ。ただ一つ言えるのは審判のミスもサッカーというスポーツの一部だと考えるべきだ。そして私には問題の場面がよく見えなかった。リプレイを見たあとならコメントできるだろう」

 歯に衣着せぬストレートな物言いで知られる“ピクシー(妖精)”も、主審がミスを認めたという今回のジャッジには明言を避けざるを得なかったようだ。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】大誤審にC・ロナウドが完全にプッツン! 驚きのブチギレシーンはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング