専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

東京五輪で対戦する3か国の反応は?メキシコは「死刑執行人との対決」、仏指揮官は「美しく、面白いグループ」

THE DIGEST編集部

2021.04.23

開催国として迎える日本代表は、メキシコ、フランス、南アフリカを相手にどんな戦いを見せるだろうか。(C)Getty Images

開催国として迎える日本代表は、メキシコ、フランス、南アフリカを相手にどんな戦いを見せるだろうか。(C)Getty Images

 東京五輪サッカー競技のグループリーグ組み合わせ抽選会が4月21日にスイス・チューリヒで行なわれ、男子サッカーでは日本が、グループAで南アフリカ、メキシコ、フランスと対戦することが決まった。

 7月22日に東京スタジアム(味の素スタジアム)で南アフリカと、25日に埼玉スタジアム2002でメキシコと、そして28日に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)でフランスとそれぞれ対戦し、2位以内に入れば決勝トーナメントに進むことができる。

 森保一監督が「厳しいグループだと思う。突破するのも大変」と語ったように、金メダル候補にも挙げられるような手強い相手が日本の前に立ちはだかることとなったが、逆にこの3か国もまた、開催国を含むグループにおいて厳しい戦いを覚悟しているようだ。

 南アフリカは、地元メディアの『IOL』が「開催国やワールドカップ王者の国と対戦することになった」と報じ、デイビッド・ノトアン監督の「タフなグループだが、他と比べると良いグループだと思う」という感想を紹介。
 
 同じく地元メディアの『TIMES LIVE』も、「突破は不可能ではない」とポジティブに展望し、日本については「開催国であり、打ち負かすには困難を伴うが、昨年のアジアU-23選手権ではグループリーグではわずか勝点1しか獲得できずに敗退した」と、付け入る隙は十分にあるとの見解を示した。

 2012年ロンドン大会のゴールドメダリストであるメキシコでは、『EL UNIVERSAL』ら複数のメディアが、過去の因縁に言及。1968年のメキシコシティ大会で、フランスにはグループリーグで1-4の完敗を喫して首位を譲ったこと、日本には3位決定戦で釜本邦茂の2ゴールを許して銅メダルを奪われたことを紹介し、「68年の“死刑執行人”と対戦する」と綴った(逆にロンドン大会ではメキシコが日本の決勝進出を阻んでいるが……)。

 一方、『ESPN』のメキシコ版は選手個々に注目し、グループリーグで対峙する可能性がある有名選手を特集。フランスのキリアン・エムバぺ、ウスマンヌ・デンベレ、南アフリカのライル・フォスター、ルーサー・シンとともに名を挙げられた日本人選手は、冨安健洋と久保建英で、前者については「日本で最も価値がある選手」、後者は「日本サッカーの大きな“約束”のひとつ」と評している。
 
NEXT
PAGE
フランスは「エムバペが参加するか否かに関わらず、素晴らしい集団」

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング