専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「本当にマルセイユを離れたがっている」酒井宏樹の退団報道に現地メディアも反応「闘争心と責任感で輝いた」

THE DIGEST編集部

2021.05.11

現地メディアは酒井のEL準々決勝でのダメ押し弾を「いつまでも残る痕跡だ」と伝えた。(C)Getty Images

現地メディアは酒井のEL準々決勝でのダメ押し弾を「いつまでも残る痕跡だ」と伝えた。(C)Getty Images

 リーグ・アンのオリンピック・マルセイユに所属する酒井宏樹が今夏マルセイユを退団し、浦和レッズに加入する見込みであると、複数メディアが報じた。

 もし実現すれば、2012年に柏レイソルからドイツへと旅立って以来、9年ぶりのJリーグ帰還となる。この間ハノーファーとマルセイユの2クラブでプレーし、17-18シーズンのヨーロッパリーグ決勝進出や、18-19シーズンのファンが選ぶ年間クラブMVP選出など、過去に欧州へ渡った日本人の中でも屈指の功績を残すと同時に、代表チームでも不動の右SBの地位を確立した。

 酒井の契約が2022年6月までであることや、3月に着任したホルヘ・サンパオリ監督の戦術とのミスマッチなどを背景に、酒井の今夏の退団の可能性は、現地では度々報じられていた。今回の日本での報道を受けて、現地フランスのメディアも反応している。

 スポーツメディア『RMC SPORT』は、「我々の情報によれば、サカイは本当にマルセイユを離れたがっている。彼はそれを監督に伝え、チームメイトの数人にはそのことを隠していない。この日本人は、時に怪我もあり、フィジカルが不安定な状態で多くの試合をこなす中で、彼自身大きく貢献し、多くを耐えてきたと感じている」と、退団はやはり決定的であると伝えた。
 
 また、サッカーを専門に扱う『SO FOOT. COM』は、早くもマルセイユでの酒井の日々を振り返っている。

「彼がマルセイユに残したものはなんだろうか? 181試合に出場し、(2016年からオーナーを務める)フランク・マコートの時代において最も起用された選手だ。サカイは才能よりも何よりも、闘争心と責任感によって輝いた」

 また同記事は、17-18シーズンのヨーロッパリーグ準々決勝RBライプツィヒ戦で追加タイムに決めたダメ押し弾を挙げ、「いつまでも残る痕跡だ」と伝えた。酒井のプレーは、良い思い出の一つとして印象に残っているようだ。

 ヨーロッパで確かな爪痕を残した酒井は、今季も公式戦45試合中37試合に出場するなど、ベテランとなった今でもその実力はまだまだ欧州レベルだ。もし帰国が本当ならば、そのプレーは必見だ。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング