専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

C・ロナウドとポグバの「交換トレード」を古巣クラブ同士が画策と伊紙。アッレグリのユーべ復帰の影響やいかに!?

THE DIGEST編集部

2021.05.31

C・ロナウド(左)の得点力はさび付いていないが、新監督との相性は…。ポグバ(右)とのトレードもない話ではないだろう。(C)Getty Images

C・ロナウド(左)の得点力はさび付いていないが、新監督との相性は…。ポグバ(右)とのトレードもない話ではないだろう。(C)Getty Images

 ユベントスにとって、2020-21シーズンは新たな時代の幕開けとなるはずだったが、終わってみればチャンピオンズ・リーグ(CL)は失意のベスト16止まり、セリエAでは10連覇をインテルに阻止されただけでなく、あわやCL出場権を失いかけるなど、忘れたい悪夢の1年となった。

 期待と不安を受けて名門クラブの手綱を握ったアンドレア・ピルロは、新米監督として同情の余地があるものの、常勝を義務付けられたチームの歩みを止めた責任はやはり大きく、1年で古巣を去ることになり、後任にはマッシミリアーノ・アッレグリが2年ぶりの復帰を果たし、再スタートを切ることが決まっている。

 新監督が到来すれば、選手の顔ぶれにも変化が生じるのは当然のこと。特にアッレグリは2014年から6シーズンもユベントスを率いており、どのような戦い方を好むかと同様に、どのようなチーム作りをするかも知られている。そこで注目されるのは、現チームのエースであるクリスチアーノ・ロナウドの動向だ。
 
 昨季、不振に喘ぐチームの中で29ゴールを挙げ、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエAという欧州3大リーグで得点王に輝くという初の快挙を成し遂げた一方、ここ一番で決定力を欠いたり、CL決勝トーナメント1回戦・ポルト戦での相手FKへの対処の拙さが敗退につながるなど、非難を浴びることも少なくなかった。また、その3000万ユーロ(約37億円)という莫大な年俸がコロナ禍で大幅な収入減となっているユベントスの財政を圧迫し、常に移籍の噂が付きまとうようになっていた。

 ピルロの退任決定の際には、SNSで「ありがとう、マエストロ。あなたの指導を受けられて光栄でした」と感謝のメッセージを送り、若き指揮官を見送ったC・ロナウドだが、堅実なアッレグリの到来により、あらゆる面で「スペシャル」な存在であるポルトガル人ストライカーの立場は微妙なものになると予想されている。
 
NEXT
PAGE
アッレグリ監督がかつて共闘したポグバの古巣復帰を希望しているとも

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング