専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

マドリーは“継続路線”を希望?久保建英のレンタル先候補を現地メディアが検証

THE DIGEST編集部

2021.06.17

久保は出場機会を重視して来季の所属先を決めることになりそうだ。(C)Getty Images

久保は出場機会を重視して来季の所属先を決めることになりそうだ。(C)Getty Images

 レアル・マドリーからのレンタルで2シーズンを過ごした久保建英。カルロ・アンチェロッティが新監督として到来した「エル・ブランコ」でのプレーは今季も可能性が低く、三たび“武者修行”に出されるのが濃厚とされている。そこで関心の的となるのが、新たなプレーの場がどこになるかだ。

 スペインのスポーツ紙『AS』は、「マジョルカは久保の復帰を歓迎」と題した記事で、2019-20シーズンにプレーしたバレアレス諸島のクラブが獲得に名乗りを上げていると報道。久保在籍時にセグンダ(2部リーグ)降格となるも、昨季は2位で再昇格を果たし、ラ・リーガ定着のために本格的にチーム力の強化に取り組んでいるマジョルカにとって「大半のメンバーを知っている」久保は理想的な助っ人であるとし、また彼自身も「このオプションを気に入っている」という。

 マドリーの専門メディア『Defensa Central』も、マジョルカ行きは「久保を最も魅了するもの」と認めているが、マドリーが望んでいるのは「久保が継続路線を選択すること」として、ヘタフェで2年目のシーズンを迎えることだと伝えた。
 
 久保にとっては昨季、冬の移籍市場でビジャレアルから編入し、加入当初はホセ・ボルダラス監督から重用されるも、徐々に序列を下げていった苦い経験を残すこのマドリードのクラブだが、現役時代はマドリーで大活躍したミチェルが新指揮官となり、彼は久保を高く評価するとともに、自身の駒とすることを望んでいるようだ。

 一方、専門メディア『GOL DIGITAL』は、何よりもトップレベルで多くのプレー経験を積むことを望むマドリーと久保にとって、早くから彼に注目し、実際に過去に数度、獲得に向けての動きを見せてきたベティスが理想的な環境だとして、「マドリーがアンダルシアのチームに日本人選手を連れていくことを要求」と報じた。

 マジョルカとは違い、来季の欧州カップ戦(ヨーロッパリーグ)の出場権を獲得したことで、多くのプレーの場が確保できるということも、このクラブに加入することの魅力だとされる。一部では、マヌエル・ペレグリーニ監督は久保を高く評価しながらも、他の選手と競争させることを考えているとされ、出場機会が100%保証されることはないという懸念点はあるが、そのスタイルを含め、環境としてはビジャレアル、ヘタフェよりは明らかに上だと見られている。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング