専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

“なでしこジャパン”の長短所を次戦の相手スウェーデンが分析!チリでは疑惑の「ゴール無効」に不満の声

THE DIGEST編集部

2021.07.28

チリを下してなんとか準々決勝進出を果たした日本。得点力不足は不安材料だが…。(C)Getty Images

チリを下してなんとか準々決勝進出を果たした日本。得点力不足は不安材料だが…。(C)Getty Images

 7月27日、東京オリンピックの女子サッカーはグループステージの最終節が行なわれ、日本は1-0でチリに勝利。グループEで英国とカナダに次ぐ3位となるも、成績上位の2チームに入ったことで、準々決勝進出を果たした。

 連敗中の相手に必勝を期して臨んだ「なでしこジャパン」は、前節イギリス戦からスタメンを5人入れ替え、序盤からペースを握って相手ゴールに迫るが、得点には至らず。攻勢を維持しながらも、68分にはフランシスカ・ララに決定的なヘッド弾がクロスバーを経てあわや失点という場面も迎えた。しかし、77分に縦パスを受けたペナルティーエリア内の岩渕真奈がさらに前にボールを送ると、反応した田中美南がゴールネットを揺らし、ついに決勝点を奪った。

 緊張感溢れる展開の末に日本が次ラウンド進出という最初のハードルを何とかクリアしたことを各国のメディアは伝えたが、ブラジルの総合サイト『Globo』は過去2試合同様に詳しく試合をレポートし、「最初から試合を支配した“なでしこ”。チャンスを作りながらも名手クリスティアネ・エンドレル(GK)の牙城を崩すのに苦労したが、メンバー変更もあって疲労が少なく、プレーは際立っていた」とポジティブに評価。選手採点では、やはり後半から出場して決勝点を挙げた田中を最高殊勲者として10点満点中の7点を与えた。
 
 敗れたチリのメディアは、専門メディアの『CENTRAL DEPORTES』が初めて五輪に出場した自国代表チームを「間違いなく、この世代は偉大な歴史の一部となった」と労をねぎらう一方で、「世界でベストな女子サッカーチームのひとつである日本が、チリを敗退に追いやった」と報じている。

 ただ、チリのメディアの多くは、68分のララによるクロスバー直撃のシュートに注目。落下したボールがゴールラインを割ったのか否か、またこれについてメリッサ・ボルハス主審がVARに相談はしたものの、自らビデオで確認しなかったことについて、専門メディア『redgol』は「多くの疑問が残り、論争と疑念は長く続くだろう」と記した。もしゴールが認められて勝っていれば、チリが3位で決勝トーナメントに進んでいただけに、国民の悔しさは小さくないようだ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング