専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

冨安健洋の「ファンタスティックなデビュー」に多方面から賛辞!現地メディアは「脅威を与え続けた」と攻守両面で高評価

THE DIGEST編集部

2021.09.12

アーセナルでデビューを果たした冨安への評価は上々だ。(C)Getty Images

アーセナルでデビューを果たした冨安への評価は上々だ。(C)Getty Images

 夏の移籍市場最終日でボローニャからアーセナルに加入した日本代表の冨安健洋が、現地9月11日に行なわれたプレミアリーグ第4節のノリッジ戦で新天地デビュー。チーム合流からわずか2日目にしてスタメン入りを果たし、代表戦(中国戦)から中3日というコンディション的に厳しい状況の中で62分間、効果的なプレーを披露してチームの今季初勝利に貢献した。

 開幕3連敗で無得点9失点の最下位という悲惨な状況にあったチームにとって、数少ない明るい材料として、ファンからも期待を寄せられていた右SBのニューフェイスは、対人プレーでの強さを存分に発揮し、また積極的に敵陣に侵入して相手DFのクリアボールをダイレクトで叩いてもう一歩でゴールというプレーも披露するなど、攻守両面で及第点以上の働きをやってのけた。

 新たなスタートを良い形で切った22歳は、自身のSNSで「今日は僕にとって、特別な1日となりました。エミレーツ・スタジアムの素晴らしいアーセナル・サポーターの前でプレーできて嬉しかったです。手厚いサポートをありがとう。より良いプレーができるよう、頑張っていきます」と英語でメッセージを送った。そして、合流間もない彼を先発出場させたミケル・アルテタ監督は、以下のように称賛している。
 
「ピッチに立った瞬間から、彼は本当に集中し、決意の程が見られ、自分の役割をよく理解していた。(途中交代の理由は)痙攣を起こしていたからだ。まだ1日半しか一緒にトレーニングしていないし、(日本代表として)長距離移動もあった。最初の試合でもあったから、休ませる必要があった」

 英国公共放送『BBC』でコメンテーターを務めるアーセナルのレジェンド、イアン・ライトは「冨安はファンタスティックなデビューを飾った」と称賛。また、ファンはSNSで「チームのクオリティーを上げ、FW陣に攻撃の仕方を示しすらした」「間違いなく最高の補強だった」「我々が望んでいたハイレベルな選手であり、仕事量も文句なしだ」「ボールタッチは素晴らしく、カンフーのようなアクロバティックなシュートも見られた」と賛辞を贈っている。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング