専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

ギグス、スコールズ、ルーニー、ファン・ペルシ…スター軍団だったマンUで香川真司が「最高の選手」と評したカリスマは?

THE DIGEST編集部

2021.09.20

数多の名手たちと熾烈なポジション争いを繰り広げた香川。当時のチームメイトのなかで、彼が考える「最高の選手」とは誰だったのか。(C)Getty Images

数多の名手たちと熾烈なポジション争いを繰り広げた香川。当時のチームメイトのなかで、彼が考える「最高の選手」とは誰だったのか。(C)Getty Images

 2012-13シーズンから約2シーズンに渡って、マンチェスター・ユナイテッドに在籍した香川真司。プレミアリーグ随一の名門で数多の名手たちとともにプレーした事実は、日本サッカー界の歴史においても特筆に値する。

 香川がレッドデビルズの一員として過ごした期間、マンチェスター・Uで活躍したビッグスターは、それこそ挙げれば切りがない。はたして元日本代表10番が考える「最も優れていた名手」は誰なのか? マンチェスターの地元紙『Evening News』がその貴重なコメントを紹介している。

「あの時のマンチェスター・ユナイテッドには、世界レベルのビッグネームが何人かいた。ファン・ペルシ、ギグス、そしてスコールズだ。彼はすでにキャリアの峠を越えていたけど、依然としてトップレベルだった。僕は鳥かごで彼がボールを失って真ん中にいったところを見たことがない。一度もね。

 ギグスも40歳近くだったけど、誰よりも速くて、巧かった。それでいて彼はスーパープロフェッショナルでもあった。さらにファーディナンド、ヴィディッチ、エヴラという世界で最も優れたディフェンダーもいたんだ」

 いずれもサッカー史に名を残すレジェンドたちだ。もっとも香川にとって「イングランドで一番の選手だ」と感じた選手は別にいる。大黒柱として君臨したウェイン・ルーニーだ。
 
「ルーニーは誰よりも優れていたし、なによりも周りに自信を与えてくれる存在だった。10番の役割としてプレーする彼は本当になんでもできた。自分でゴールを決めるだけじゃなく、アシストもするし、ドリブルも自在にやってのける。

 ときには、ディフェンシブな仕事も全うする。とにかくチームのために一生懸命に働く彼は、僕がイングランドで見たなかでも最高の選手だった。あの時の彼とポジションを争うのは、決して簡単じゃなかった」

 あのボビー・チャールトンが維持してきたクラブ得点記録(249)を塗り替え、文字通りマンチェスター・Uの歴史に名を刻んだルーニー。ボルシア・ドルトムント時代からトップ下を主戦場としてきた香川だけに、キャリアの最盛期を迎えていたカリスマは頼もしくもあり、脅威でもあったようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】マンUで異彩を放ったハットトリック! 香川真司のゴラッソシーンをチェック
NEXT
PAGE
【動画】マンUで異彩を放ったハットトリック! 香川真司のゴラッソシーンをチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング