専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「出場権を逃すのはサムライブルー」森保ジャパンの選手起用に米放送局が疑問符!「フルハシがベンチスタートはおかしい」

THE DIGEST編集部

2021.10.09

サウジアラビア戦に黒星を喫したサムライを米国メディアはどう見たのか?(C)Getty Images

サウジアラビア戦に黒星を喫したサムライを米国メディアはどう見たのか?(C)Getty Images

 森保一監督率いる日本代表が、崖っぷちに立たされている。

 現地10月7日、日本代表はカタール・ワールドカップカタールのアジア最終予選B組第3戦のサウジアラビア戦に0-1で敗戦した。12日にはホームでのオーストラリア戦を控えているが、W杯出場が一気に暗雲に包まれる事態となり、国内外から辛辣な声が多く飛び交っている。

 そのなかで、米最大のスポーツ専門放送局『ESPN』は「伝統的な強豪国である日本は3戦目にして2敗を喫し、来夏のW杯出場を逃す危機にさらされている」と日本代表の状況を報じている。

「問題は結果だけではない」と論じる同メディアは、「日本の選手はグラウンドのあらゆるところで複雑なパスワークを披露していたが、ボールを動かしても相手の脅威となる場面はほとんどなかった」と決定機の少なさを指摘。71分の失点シーンを「日本で最も優れたパサーであるガク・シバサキが不用意にバックパスを出したことで、サウジアラビアが勝利した」と振り返っている。

 この試合ではメンバーの大きな変更があった。これまでの2試合でスタメンだった久保建英(マジョルカ)は負傷により招集されず、伊藤純也(ヘンク)も累積警告で不在、また堂安律(PSV)も直前の怪我により欠場となったため、新たに、南野拓実(リバプール)と浅野拓磨(ボーフム)が抜擢されるも、攻撃の活性化には至らなかった。
 
 この森保監督の選手起用にも同メディアは辛辣だ。「何人かの選手はベストでないにもかかわらず、ファーストイレブンに名を連ねた。またセルティックで活躍をみせるキョウゴ・フルハシがベンチスタートであることもおかしい」と疑問を投げかけている。

 同メディアは3試合終了時のグループ内の日本の位置付けとしては「グループBにはオーストラリア、サウジアラビアと並んで傑出した存在」としながらも、「現時点では出場権を逃すのはサムライブルーかもしれない」と予選突破が極めて困難な状態と伝え締めくくった。

 すでに2敗を喫し、得点は僅かに1でとどまるなど厳しい現実が突き付けられているサムライブルー。ここからの快進撃に期待せざるを得ない。

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング