専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「未来の選手」「期待外れ」復帰前進の久保建英をマドリーも注視! 専門メディアでは賛否両論が巻き起こる

THE DIGEST編集部

2021.11.15

復帰への道のりが開きつつある久保について、所有元のマドリーはどう見ているのか。(C)Getty Images

復帰への道のりが開きつつある久保について、所有元のマドリーはどう見ているのか。(C)Getty Images

 9月22日に行なわれたラ・リーガ第6節のレアル・マドリー戦で、右膝に違和感を覚えて以来、戦列を離れているマジョルカの久保建英。長い治療とリハビリを強いられてきたが、待ちに待った復帰へ目途が付きつつあるようだ。

【動画】「トンネルの出口が見えている」スペイン語で怪我の状態を明かす久保の姿をチェック!

 これまでのジムトレーニングを経て、すでにピッチへ戻っている。クラブの公式YouTubeチャンネルに掲載された映像には、ボールを蹴ったり、全力で疾走する姿も見られ、インタビューで今後の展望を次のように語っている。

「今のところ、良いリハビリができていると思います。状態は良く、トンネルの出口の光が見えています。ピッチへ戻るのに、もう長くはかからないでしょう。復帰日がいつになるかは分かりませんが、全て順調にいけば、コンディショニングコーチのラウールと練習を始めます」

 少しずつ復帰へ前進している日本代表MFについて、彼の所有元クラブであるマドリーも注視している。

 まず「マドリーのメディカルチームは、クボの回復具合を段階的に追っており、マジョルカやクボと連絡を絶やすことなく、また回復状態を確認する診断も担当している」と現状を伝えているのが、地元スポーツ紙『AS』。「マドリーの要求で、クボは同クラブの施設があるバルデベバスに訪れており、11月の第1週にも足を運んでいる」と報じている。
 
 さらに、バルセロナのスポーツ紙『MUNDO DEPORTIVO』も「長い膝の負傷から復帰しつつあるクボは、引き続きホワイトチームからの精査を受けることになる」と記述。久保を「マドリーが本拠地から遠ざけてきた(レンタルに出していた)宝石」と形容したうえで、懸命にハードワークをしてきたと伝えている。

 間もなくチームに合流し、ラ・リーガやコパ・デル・レイの舞台へ戻っていくが、同メディアは「クボが来季、マドリーに復帰してトップチームに加わるチャンスも窺うことになる」と指摘し、また「マドリーは複雑な膝の怪我に注意しながら、高いクオリティーを誇るクボの進歩ぶりをチェックしていく」と記した。
 
NEXT
PAGE
久保はマドリーにとって重要な存在?

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング