専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

マンUの後輩に“キレた”キーンに非難の声!元英代表FWは「酷いいじめだ。批評とかじゃない」と一喝

THE DIGEST編集部

2021.11.15

代表戦で貴重な先制点をねじ込んだマグワイア(左)。しかし、その後の“パフォーマンス”がキーン(右)はお気に召さなかったようだ。(C)Getty Images

代表戦で貴重な先制点をねじ込んだマグワイア(左)。しかし、その後の“パフォーマンス”がキーン(右)はお気に召さなかったようだ。(C)Getty Images

 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドが、現役戦士に放った一言が物議を醸している。

 騒動の発端となったのは、現地時間11月12日に行なわれたカタール・ワールドカップ欧州予選(グループI)のアルバニア戦で、イングランド代表DFハリー・マグワイアが見せた振る舞いだ。

 立ち上がりの9分にセットプレーからヘディングで先制弾をねじ込んだ28歳は、右コーナーフラッグ付近へ駆け出すと、両耳に手を沿わせるゴールパフォーマンスを披露したのだ。これは今季絶不調のマンチェスター・Uに所属するマグワイアが、周囲からのバッシングに対してアピールしたものだとされている。

 これに怒りを露わにしたのが、元マンチェスター・Uのロイ・キーンだ。時に「クレイジー」と言われるほどの鬼気迫るプレーがファンに愛された伝説のキャプテンは、英放送局『ITV』でマグワイアの振る舞いを「恥ずべきだ」と一喝した。

「ここ数か月の彼は、マンチェスター・ユナイテッドでも、とても恥ずかしいプレーをしていた。得点を奪えば、そういった批判や評論家を黙らせることができると思っていたのだろうけど、俺から言わせれば、それさえも恥ずかしいことだ」
 
 今回の“後輩”に対する容赦ない意見にも一部から批判の声が上がっている。試合後に問題のシーンをチェックしたという元イングランド代表FWガブリエル・アグボンラホールは、英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』の番組内で「あれは明らかに酷いいじめだ。批評とかじゃない」と主張した。

「僕が思うに彼(キーン)は、マンチェスター・ユナイテッドで良くないマグワイアが、周囲からプレッシャーをかけられていることを分かってて、ああやっていじめているんだと思う。彼は自分が何かを言って時に周りが食いついてくることを理解しているよ。僕はマグワイアがイングランドで間違いなく最高レベルのCBだと思う。だから、僕はいつも批判するんじゃなく、良いときは素直に応援したい」

 時に歯に衣着せぬ発言が物議を醸すキーン。それだけに今回の言動に対する騒動は、小さくない波紋を広げ続けている。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】キーンをキレさせたマグワイアの挑発ゴールパフォーマンスはこちら!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング