専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

マンU戦での冨安健洋に現地メディアの評価は様々!前半に倒された場面は「明らかなPK」

THE DIGEST編集部

2021.12.03

敗れはしたものの、果敢なプレーを見せた冨安に対する評価はおおむね良好だ。(C)Getty Images

敗れはしたものの、果敢なプレーを見せた冨安に対する評価はおおむね良好だ。(C)Getty Images

 現地時間12月2日、プレミアリーグ第14節が行なわれ、アーセナルはマンチェスター・ユナイテッドに2-3で敗れ、今季5敗目を喫した。

 敵地オールド・トラフォードでの一戦、ボールポゼッション、シュート数でもホームチームを上回った「ガナーズ」は13分に相手GKが倒れて不在のゴールにエミール・スミス・ロウが流し込んで先制点を奪うも、44分にブルーノ・フェルナンデスに同点とされ、さらに52分にはクリスチアーノ・ロナウドの通算800得点に達するゴールで逆転を許す。その2分後に、ガブリエウ・マルチネスの折り返しをマルティン・ウーデゴーが綺麗に合わせて追いつくが、70分に痛恨のPK献上でC・ロナウドのダブルを許して力尽きた。

 12節リバプール戦(0-4)以来の大量3失点を喫し、トッテナム戦(3-1)を除けば、またしてもトップクラブとの対戦で敗北を喫したアーセナル。ミケル・アルテタ監督も「オールド・トラッフォードで3点も失えば、好結果を得るのは困難だ。2-2になった時、我々は最高の瞬間を迎え、優勢に立って完全に試合をコントロールしたが、PKを与えて試合を捨ててしまった。我々は勝つためにここにおり、今日は勝者に相応しかったと感じているので、結果には失望している」と、ネガティブに試合を振り返っている。
 
 このような試合の中で、今夏の加入から11試合連続で右SBとして先発出場を果たした冨安健洋は、C・ロナウドやジェイドン・サンチョら名手との対峙で奮闘。ボールタッチ数75、パス数52(成功数40)、キーパス数1、空中戦回数5(勝利数1)、タックル成功数1、クリア数1というスタッツ(専門メディア『WhoScored.com』より)を記録した日本代表DFに対して、メディアは様々な評価を下した。

 スポーツ専門チャンネル『Sky Sports』は10点満点の採点で及第点の「6」を与えたが、これは守備陣ではベン・ホワイト、ヌーノ・タバレスと同じ評価(アーロン・ラムズデイル、ガブリエウ・マガリャンイスは「7」)。英国公共放送『BBC』では、視聴者投票による採点で「6.07」と、チームではスミス・ロウ、ラムズデイル、マルチネッリに次ぐ評価となった。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング