専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

久保建英のマドリーでの将来はどうなる? 専門メディアは「最良の選択肢は別々の道を行くこと」と悲観

THE DIGEST編集部

2022.01.14

現在はマジョルカでプレーする久保。マドリーで主力選手になる夢を叶えられるだろうか?(C)Getty Images

現在はマジョルカでプレーする久保。マドリーで主力選手になる夢を叶えられるだろうか?(C)Getty Images

 2019年夏にFC東京からレアル・マドリーに移籍した久保建英だが、すぐにマジョルカにレンタル移籍し、翌年はビジャレアル、ヘタフェ、そして今季は再びマジョルカで怪我などの苦労を味わいながら、武者修行に励んでいる。

 久保は常々マドリーで主力となることが最大の目標であると明言し、フロレンティーノ・ペレス会長も20歳の日本人選手の能力はもちろん、アジアのマーケティング開拓の面でも重要な存在であるとも認めている。そのため、今夏こそは「エル・ブランコ」のユニホームを身に纏った久保の姿が見られるかもしれないという期待も少なくない。

 しかし、世界最高クラブのひとつでプレーするには、フィジカル面など足りない部分があるとの指摘もあり、マドリー復帰は難しいのではないという見方も多く存在する。クラブの専門メディア『The Real Champs』もそのひとつで、「クボはおそらく、マドリーでは成功しないだろう」という悲観的な見立ての記事を公開している。
 
「クボは速く、上手い。(マドリーに加入した)18歳の時にはすでに、母国で名を馳せており、次なる大きな一歩を踏み出す準備ができていた。そして彼との契約はマドリーにとって、非常にポジティブなものだったのも事実だ。クボはこのクラブで成功するために必要なものを有する選手だ」と賛辞を贈る同メディアだが、それでもその将来に悲観的にならざるを得ないのは、記事の見出しにあるように「彼自身のせいではない」ということで、ひとえにチーム事情に原因があるのだという。

 ヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴらと変わらぬ期待を受けて加入した久保だが、彼が最も力を発揮できる右ウイングのポジションには現在、すでに多くのタレントがおり、「日本人選手ためのスペースは残されていない」。今夏にガレス・ベイルがチームを去ると予想されていても、「チーム内の混乱はほとんどおさまらない」と同メディアは分析している。
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング