専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「予想不可能な魔法」マンU撃破の原動力となった久保建英に最高評価と賛辞が続々! 米メディアは「ブレイク」を予想

THE DIGEST編集部

2022.09.10

EL・マンU戦で高い評価を得た久保。ブレイクへの第一歩となるか。(C) Getty Images

EL・マンU戦で高い評価を得た久保。ブレイクへの第一歩となるか。(C) Getty Images

 現地時間9月8日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージが開幕し、グループではレアル・ソシエダがマンチェスター・ユナイテッドを1-0で下した。

 プレミアリーグでは4連勝中という難敵の本拠地に乗り込んだ一戦、ソシエダは幾度もゴールに迫られ、クリスチアーノ・ロナウドにゴールネットを揺らされたりもしたが(オフサイド)、逆に果敢に攻撃を仕掛け、57分にダビド・シルバのシュートがブロックに入ったリサンドロ・マルティネスの腕に当たってPKを獲得、これをブライス・メンデスが決めると、以降はホームチームの猛攻をしのぎ切って、大きな勝点3を手にした。

【マンU戦 動画】久保建英の鮮やかなピンポイントクロス&2人抜きからのシルバへのパスでPK奪取!
 PK奪取の場面で、D・シルバにパスを出したのが、スタメン出場の久保建英だ。右サイドでD・シルバのパスを受け、ドリブルで相手DFのひとりをかわしてから、マイナスでリターンを送ったプレーは見事なものであり、この試合では他にも切れ味鋭いドリブルなど、幾つも効果的なプレーで見せ場を作ってみせた。

 現地メディアも、この背番号14に対しては軒並み高い評価を下しており、マドリードのスポーツ紙『MARCA』は3点満点の「2」を与え、この一戦を「久保率いるラ・レアルが最高の時間を過ごした」と報道。一方の『AS』紙は「この日本人とノルウェー人(アレクサンダー・セルロート)は後半に活気づいたマンUを意気消沈させた」「2つの素晴らしいプレーを見せた日本人選手は主役として、D・シルバによるPK獲得を導いた」と綴っている。

 バルセロナのスポーツ紙『MUNDO DEPORTIVO』は、選手個々を評価した記事の中で、久保を「ベスト」と表現し、寸評では「興奮とインスピレーションに満ちた時間の中で、久保は左サイドで試合をかき回し、対峙したヴィクトル・リンデロフに屈辱を味わわせ、デュエルにおいて対等に渡り合った。セルロートに2つの得点機を提供し、D・シルバに決勝PKに繋がるパスを送って、2度目の運試しを行なった。天才らしく、彼は違いを生み出すために、正しいタイミングで登場した」と賛辞を贈った。

 同メディアはまた、PK獲得の場面を「久保の予想不可能な魔法がラ・レアルにもたらした、ベストな瞬間」と伝えた他、「彼のアンソロジーとも言える15分間の中で、日本人選手は素晴らしいラ・レアルを、ウイングとして表現した」「久保の魔法により、欧州での戦いで勝ち進むことに慣れていないクラブは、ゴールを生み出す方法を承知していた」との記述でポジティブに評している。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング