専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「ゴールは認めるべきだ」ドイツ放送局は“疑惑のVAR判定”の正当性を指摘。三笘薫の決死のプレーを分析【W杯】

THE DIGEST編集部

2022.12.02

三笘がクロスをあげる場面でボールはゴールラインを割ったか、割っていないか。その際どい判定が世界を騒然とさせた。(C)Getty Images

三笘がクロスをあげる場面でボールはゴールラインを割ったか、割っていないか。その際どい判定が世界を騒然とさせた。(C)Getty Images

 現地時間12月1日、日本代表はカタール・ワールドカップのグループEの最終戦でスペイン代表と対戦し、2-1の逆転勝利。初戦のドイツ戦に続く大金星を飾って、首位での決勝トーナメント進出を決めた。

 運命を変えたのは、文字通り“紙一重”のワンプレーだった。

 11分にアルバロ・モラタにヘディングシュートをねじ込まれた日本は、48分に途中交代の堂安律が同点ゴールを決めて迎えた51分に一大決定機をモノにする。

 右サイドの堂安が敵エリア内にクロスを供給。これはファーサイドに流れるも、ゴールラインぎりぎりで、足を目いっぱいに伸ばした三笘がゴール前に折り返す。これをフリーとなっていた田中が頭でねじ込んだ。

 結果的にこれが決勝点となったのだが、得点の直前のプレーが波紋を広げた。アシストをした三笘が中央へ折り返した際のボールの位置がゴールラインを割っていたという指摘が各国メディアで相次いだのだ。
 
 とりわけ英メディアは「ゴールの正当性」をゴール側面からの映像とともに、何度も報道。放送局『ITV』の解説を務めた元スコットランド代表FWのグレアム・スーネスは「いま、サッカーを愛する1800万人のドイツ人たちが、ゴールラインをボールが越えていたと示す写真を見せて、怒り狂っているんだ。なぜFIFAはこの混乱をすぐに収めようとしないのかが理解できない」と語気を強めた。

 では、自分たちのグループ敗退をも決定付けた日本のプレーをドイツ・メディアはどう見ているのか。スポーツ専門局『SPORT1』は「日本の決勝ゴールは無効になるべきだったのか?」と銘打った記事を掲載。問題の場面におけるVARチェックが上空からボールに正対した位置で確認され、ボールが白線上に触れていると認定されたのをふまえ、こう結論付けている。

「ゴールは正当なものだったのか。ツイッター上にはミトマがクロスをあげる直前にボールがラインを越えていたとする画像や映像がいくつも見受けられる。しかし、決定的な役割を担うのは、『どこから見たか?』ということだ。ゴールラインを上から見ると、ボールはわずかにラインをかすめているのが確認できる。これを見る限りではゴールは認めるべきで、我々の敗退を受け入れるべきである」

 試合後に三笘は「(堂安)律がクロスをあげる瞬間に来るなと思ったし、1ミリでも中に入っていればいいと思って足を伸ばしました」と振り返る。彼のまさしく捨て身のプレーが日本に大金星をもたらしたと言えるのかもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「完全に線を越えている」田中碧の殊勲弾が海外メディアで波紋! 元英代表DFは「正しくない」とVARを批判!

【関連記事】「史上最も議論を呼んだ」VARの際どい“ジャッジ”が物議!決定弾をアシストした三笘薫に米メディアが言及「角度で異なる」

【関連記事】「信じられない! 同じ日本と認識できない」森保ジャパンのスペイン撃破に世界も衝撃! 英放送局は「モリヤスは戦術の天才だ」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング