専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
レッスン

相手を崩すダブルスの配球パターン/リターンゲーム編【テニスレッスン】

スマッシュ編集部

2020.06.14

ストレートに誘って前衛がボレーで決めるパターンは有効だ。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

ストレートに誘って前衛がボレーで決めるパターンは有効だ。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

 特別に身体を鍛えていない一般プレーヤーが、パワーで押してダブルスに勝つのは難しい。それよりも、ショットの組み合わせを工夫して相手ペアの連携を崩せば、楽にポイントを取れる。ダブルスは力比べではなく頭脳比べなのだ。ベテランダブルス界の王者、佐藤政大プロに、お薦めの配球パターンを教えてもらった。

 リターンからのおススメのパターンは、「サーバーの足元に鋭角にスライスリターンを打ち、 ストレートボレーを誘って前衛が決める」です。

「相手がサービスダッシュしてきたら、スライスリターンをアングルに送り、サーバーの足元に沈めます。レシーバーはそのままリターンダッシュします。

 そこで前衛がポーチのフェイントを入れるのがミソです。ローボレーを強いられたサーバーは強い返球ができないので、ポーチの動きが目に入ると、それを避けようとストレートにファーストボレーを流してきます。前衛はそのボールを待ち構え、ボレーで決めるという要領です。

 ボレーのコースはセンターよりもアングルが効果的。というのは、サーバーがファーストボレーをストレートに打った瞬間、相手前衛はセンターをケアしようと身体を寄せるからです。そこで前衛の前を横切るようなアングルボレーを打つと、うまく逆を突くことができます」
 
 パターンのイメージが持てただろうか? このパターンを成功させるには、まずスライスリターンを相手の足元に沈める必要がある。その打ち方のコツも教えてくれた。

「前に入って早いタイミングでブロックすることです。回り込まずに、サービスがフォアに来たらフォア、バックに来たらバックで素直に面を合わせます。テイクバックもスイングも小さくし、身体のターンだけ意識するとライジング気味に捉えやすいでしょう。ボレーとストロークの中間的なショットだと思ってください」

 前衛がポーチのフェイントを入れることで、ストレートに誘うのだが、もしも相手がフェイントにかからず、そのままクロスに返球してきた場合は、リターンダッシュしているレシーバーが対処しよう。「相手のボールは浮いてきがちなので、しっかりネットに詰め、センターにボレーを決めましょう。サーバーはワイドに寄っているので、センターに空きスペースがあります」

 リターンでも積極的にネットを取り、並行陣の形に持ち込もう。自分たちが得意な形を作れれば、一般プレーヤーの試合ならリターン側でも優位に立てる。

解説=佐藤政大(日本商業開発所属)
全日本ベテラン単複計10回優勝。世界のシニアツアーを転戦し、ITF45歳以上複3位にランクされるプロ。白子・山中湖など主要草大会を制した草トー王でもある。コーチとしてもジュニアから一般、選手まで指導経験豊富で、全国選抜Jr優勝者を輩出。既存の理論にとらわれない、実戦的で即効性のある指導で人気。

構成●スマッシュ編集部
※スマッシュ2019年8月号から抜粋・再編集

【PHOTO】世界のテニスシーンを彩った「美女プレーヤー」たちを厳選!
 
NEXT
PAGE
【動画】佐藤プロがパターンを実践している、わかりやすいお手本動画

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング