専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「試合勘はまだないですが…」西岡良仁がマリーと繰り広げた激闘後の思いにファンから驚きの声!

スマッシュ編集部

2020.09.02

全米オープンで好プレーを披露した西岡良仁。(C)Getty Images

全米オープンで好プレーを披露した西岡良仁。(C)Getty Images

 全米オープンテニスの1回戦。西岡良仁は、センターコートでアンディ・マリーとの4時間38分におよぶ熱戦を展開。マッチポイントを握りながら惜しくも敗れた西岡は、数時間後に自身のツイッター(@yoshihitotennis)に試合の感想をアップした。

「正直、ここまでの試合が出来ると思っていなかったので自分でもびっくりしています。勝てたら最高でしたが、負けても最高の内容だったと思います。試合勘はまだ無いですが、まずは試合出来て良かったです。でもね、4時間40分は長い笑 夜中もはや早朝まで応援ありがとうございました」(原文まま)

 負けはしたが、自分のプレーには満足している様子。これには、1時間たらずで多くのファンも反応。「試合勘ないのにここまでの試合できるんですかー?って思うくらいすごい試合でした」「試合勘がまだ無い中でのこの試合」など、ツアー再開後の初の試合で勘が戻っていないながらも好試合を演じたことに驚いているファンが多かった。

「マッチポイントでワイドに打って迷わずネットに行った姿に震えました」など、試合を見ていたことがわかるものも多く、気合を入れて応援していた様子がうかがえる。また、「クレーへGO」「クレーも期待しています」と、これからのプレーに期待するコメントも多く寄せられていた。
 
 一方、勝利したアンディ・マリーも数時間後に自身のインスタ(@andymurray)に、「決して、絶対に諦めない」というコメントとともに、勝利した時の激しいガッツポーズと、疲れ果ててベンチで脱力している様子の写真をアップした。

 これには、ファンから「本当に復活だ」「素晴らしかった。アイスバスに早く入って」「驚くべき勝利だ」「『決して諦めない』を体現していた」などの賞賛の声が多数。選手のフェリシアーノ・ロペスからは、「僕のヒーローだ」とのコメントがあった。

 マリーは2回戦で、第15シードのフェリックス・オジェ-アリアシム(カナダ)とチアゴ・モンテイロ(ブラジル)の勝者と対戦する。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】次期日本のエース⁉けがを乗り越え大躍進する西岡良仁の厳選ギャラリー!
 
NEXT
PAGE
【画像】4時間38分の激闘後、西岡とマリーが公開した試合後のSNS

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング