専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

大坂なおみの躍進を支えるキーマン、中村豊トレーナーは、彼女をどう変えたのか?【全豪オープン/現地発リポート】〈SMASH〉

内田暁

2021.02.17

中村豊トレーナーと大坂なおみ。彼のトレーニングにより大坂のフットワークは目に見えて向上し、それが好成績に結び付いている。写真提供:中村豊

中村豊トレーナーと大坂なおみ。彼のトレーニングにより大坂のフットワークは目に見えて向上し、それが好成績に結び付いている。写真提供:中村豊

 大坂なおみのファミリーボックスに座し、眼光鋭くコート上の動きを目で追うアジア人男性の姿は、テニスファンの間では、すでに広く認識されているだろう。あるいは、以前はマリア・シャラポワのボックスにいた彼を、覚えている人も多いかもしれない。
 
 中村豊――
肩書は、ストレングス&コンディショニングコーチ、もしくはフィジカルトレーナー。IMGテニスアカデミーやテニス・オーストラリアのトレーナーを歴任し、シャラポワや大坂にグランドスラムを制するフィジカルを与えた、この道の第一人者である。

「なおみの専属トレーナーになってもらえないか?」

 中村が、大坂のマネージャーからそんなオファーを受けたのは、昨年初夏のことだった。当時の中村は、IMGテニスアカデミーのフィジカル&コンディショニング・ヘッドコーチに就いていた。大坂の「専属」になるということは、その職を辞することを意味している。

「数日、考えさせてほしい」

 さすがに即答はできず、一旦はそう言い電話を切った。だがその時点で、中村の心は、ほぼ決まっていたという。それは2年前……当時20歳のニューカマーが放つ存在感を、目の当たりにした鮮烈な記憶があったからだ。

 2018年3月――。BNPパリバオープン(インディアンウェルズ)の初戦で、大坂はシャラポワと対戦し、中村の目の前で完勝を収めた。この時に中村を驚嘆させたのは、大坂のアスリートとしての能力のみならず、見る者を引きつけるカリスマ性である。

 その、無限の可能性を秘めた大器を、自らの手で磨き上げることができる……それはトレーナーとして、あまりに魅力的な機会だった。
 
 加えて中村にとって大きかったのが、大坂が、日本国籍の下に戦っていることである。「自分の知識や経験を、最終的には日本のスポーツ界に還元したい」と常々願っていた中村にとり、大坂のトレーナー就任は、自分の夢を実現する道にもなり得た。

 それら諸要素を勘案し、自身に幾度か問いただしたが、弾き出される答えに揺るぎはない。オファーの連絡を受けた数日後、中村は、正式に“チームなおみ”の一員となった。

「豊は、とても真面目な人よね。でも……ちょっとおかしいの」

 全豪オープン準々決勝で、難敵シェイ・スーウェイに快勝した後のこと。中村と初めて会った頃を振り返り、大坂は笑みをこぼした。

「私のことをよく知らない人は、初めて会う時は緊張した感じになる。彼も最初は、すごく厳格な感じだった。でも私があまりに“おこちゃま”だから、彼も拍子抜けしちゃったみたい。だから今では、彼もジョークを言ったりふざけたりしてるわ」

 それに……と、大坂は続ける。
「何より大切なのは、私たちは、とてもよく話すということ。私と豊、そして(コーチの)ウィム(・フィセッテ)はお互いを理解し、強い信頼関係を築き始めている。それはたぶん、トレーニングよりも重要なことだと思う」
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング