専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「ちょっとしたエピソードを紹介するよ…」全豪決勝を戦ったジョコビッチとメドベージェフ。表彰式での互いのスピーチが話題に

スマッシュ編集部

2021.02.22

長らく付き合いのあるジョコビッチ(左)とメドベージェフ(右)。(C)Getty Images

長らく付き合いのあるジョコビッチ(左)とメドベージェフ(右)。(C)Getty Images

 テニス四大大会の『全豪オープン』(オーストラリア/メルボルン)は、21日に男子シングルス決勝戦が行われ、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第4シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)を7-5、6-2、6-2のストレートで下して優勝を果たした。

 試合後の表彰セレモニーは、終始和やかなムードで行なわれたが、そこでの両者のコメントがテニスファンの間で話題となっている。

 まずスピーチを行なったのはメドベージェフ。「ちょっとしたエピソードを紹介するよ」と話し始めた彼は、「モナコでノバクと初めて練習した時のことで、僕は500~600位台、対して彼はナンバー1でウインブルドンを優勝したばかりの頃だ」と前置きしつつ、その時の様子を詳細に語った。
 
「彼が僕に話しかけてくるなんて思ってもみなかった。その時の僕にとって彼は“神様”のような存在だったからね。僕はとてもシャイだし喋れなかった。そんな僕に、彼は友達のように話しかけてくれたり質問してくれたんだ。すごく驚いたよ。そして600位の頃から4位になった今までその態度は変わらない。素晴らしいスポーツマンシップだ。優勝おめでとう」

 さらにジョコビッチも、スピーチでこの時のことについて言及。「昔はもっと一緒に時間を過ごして、もっと一緒に練習していたよね。ここ数年は全然連絡をよこしてくれないけど…」と話すと、メドベージェフは大笑いしていた。

 続けて「でもそんな風に思ってくれていてうれしいよ。ありがとう。ダニールのことは本当に好きだよ。オフコートでは素晴らしい人間で、フレンドリーだ。でもオンコートになると、間違いなく今まで対戦した中で最もタフな選手のひとりだよ。君が近々グランドスラムで優勝することは間違いないけれど、あと2、3年待ってくれるかな? 改めて彼の20連勝を称えたい。素晴らしいことだ」とコメントした。

 大舞台での対戦の後に、互いの健闘を称え合い、尊重し合う2人の姿には多くのテニスファンが心を動かされ、称賛の声を送っている。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】大坂、ジョコビッチ、ナダルら2021全豪オープンで躍動するトッププロを厳選ショットで紹介!
NEXT
PAGE
【動画】互いの人間性を称え合う、メドベージェフとジョコビッチの実際のスピーチ

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング