専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「立ち上がりからプレーは良かった」。大坂なおみが4回戦のメルテンス戦を振り返る<SMASH>

中村光佑

2021.03.30

相手のメディカルタイムアウト後に、一気に引き離した大坂なおみ。(C)GettyImages

相手のメディカルタイムアウト後に、一気に引き離した大坂なおみ。(C)GettyImages

 女子テニスツアー「マイアミ・オープン」(3月23日~4月3日/アメリカ・マイアミ/ハード/WTA1000)は、現地29日に女子シングルス4回戦を実施。世界ランキング2位で第2シードの大坂なおみが同17位で第16シードのエリーズ・メルテンス(ベルギー)に6-3、6-3のストレートで勝利した。

 久々の試合となる2回戦をストレートで勝利し、相手の棄権で3回戦を突破し、本大会自身初の16強入りを決めていた大坂。

 試合開始直後から大坂はメルテンスをストロークで圧倒し、第6ゲームでは2度目のブレークに成功。徐々に勢いづくメルテンスを持ち味の強打で振り切り、第1セットを先取した。

 第2セットも大坂が第2ゲームでブレークを奪うが、直後のゲームでメルテンスにブレークバックを許し、お互いに譲らない展開となる。それでもメルテンスのメディカルタイムアウト終了後から一気にギアを上げた大坂がリードを大きく広げ、1時間28分で大会初のベスト8進出を果たした。
 
 試合後のインタビューに応じた大坂は、「何らかの理由で少し流れをつかめない時間帯があった」と振り返りながらも、「立ち上がりからプレーは良かった。彼女(メルテンス)のメディカルタイムアウトの時にリフレッシュして、その後は落ち着いてプレーできた」と勝因を語った。

 また、大坂は「メディカルタイムアウトを取るほどだったから、きっと彼女は肩の調子が悪かったのだと思う」としつつ、「ケガが深刻でないことを祈っている」とメルテンスを気遣うコメントを残した。

 勝った大坂は現地30日に行なわれる準々決勝で、マリア・サッカリ(ギリシャ/25位)とジェシカ・ペグラ(アメリカ/33位)の勝者と対戦する。マイアミ大会初優勝に向け、大坂にはこのままの勢いで駆け上がってもらいたいところだ。

文●中村光佑

【PHOTO】大坂なおみが2年ぶりの優勝!全豪オープン2021の厳選写真をお届け!
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング