専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

拘留経験がある中国の人権派弁護士がペンの安否を懸念「彼女は安全ではないし、状況は良くない」<SMASH>

中村光佑

2021.12.09

ペン・シューアイ(左)の消息はいまだ不明のままだ。中国の人権活動家テン・ビャオ氏(右)は、ペンが当局にコントロールされていると訴える。(C)Getty Images

ペン・シューアイ(左)の消息はいまだ不明のままだ。中国の人権活動家テン・ビャオ氏(右)は、ペンが当局にコントロールされていると訴える。(C)Getty Images

 世界規模の事案へと発展しているペン・シューアイ(中国/元ダブルス世界ランク1位)の失踪騒動。最近はペンがコーチらと会食している動画や自宅でくつろいでいる写真なども続々と公開され、IOC(国際オリンピック委員会)もこれまでに「ペンと2度のビデオ通話を行なった」と報告している。

 だが、これらの動きに度々懐疑的な見方を示してきたWTA(女子テニス協会)は一連の問題が解決へと至っていない状況が続いていることから、現地12月1日に「中国での全トーナメント中止」を表明。さらに、アメリカなどが来年2月開催の北京オリンピックに政府の代表団を派遣しない「外交的ボイコット」を正式に発表している。
 
 そんな中、中国の人権活動家で弁護士でもあり、習近平政権の反体制派としても知られる滕彪(テン・ビャオ)氏もペンの安否に強い疑念を抱いているという。米大手ニュースメディア『CNN』に出演した滕氏は「もちろん彼女(ペン)は安全ではないし、中国当局にコントロールされているので状況は良くない。彼女が一体どこに監禁されているのか誰も知らない」とコメント。

 続けて、滕氏はいまだにペンが安心して公の場に出られる環境が提供されていないことを踏まえ、「世界はお金よりも道徳的な原則や自由を優先すべきだ」と訴えた。

 滕氏自身も過去に少なくとも2回、中国当局に逮捕・拘留された経験を持つだけに、その言葉は重く響く。確かに滕氏が懸念する通り、動画や写真だけでは信憑性に乏しい点があり、不安は募るばかりだ。とにかく今はペンが無事であることを祈るしかない。

文●中村光佑

【PHOTO】女子テニス・ダブルス元女王ペン・シューアイ、栄光のアルバム
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング