専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

ジョコビッチ、土壇場でオーストラリア入国拒否!「ルールはルールだ」と豪首相がビザ取り消しを報告<SMASH>

中村光佑

2022.01.06

特例での全豪出場が認められ、喜んでいたジョコビッチだが、空港到着後に入国を拒否される異例の事態に…。(C)Getty Images

特例での全豪出場が認められ、喜んでいたジョコビッチだが、空港到着後に入国を拒否される異例の事態に…。(C)Getty Images

 新型コロナウイルスのワクチン接種免除が認められ、1月17日から開幕する「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/ハードコート/グランドスラム)の出場が正式に発表された男子テニス世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。ところが、その彼が書類不備によりオーストラリアへの入国を拒否されるというまさかの事態が発生した。

 現地1月4日に自身のSNSで「ワクチン接種免除の申請が承認された」として全豪オープンの出場を表明したジョコビッチは、5日深夜に開催地メルボルンの空港に到着。

 だが、オーストラリア国境警備隊(ABF)によると、ジョコビッチが「入国要件を満たす適切な書類を提出しなかった」ため、ビザが取り消しになってしまったのだという。なお、テニス専門海外メディア「UBITENNIS」は、ジョコビッチのビザがキャンセルされた具体的な理由について「ワクチン接種免除を証明する書類に不備があった」と報じている。
 
 さらにABFは「入国時に有効なビザを保持していない、またはビザが取り消された非市民は拘束され、オーストラリアから退去させられる」と発表。豪政府のスコット・モリソン首相も6日に自身の公式ツイッターを更新し、「ジョコビッチ氏のビザは取り消された」と報告した。

 また、同投稿でモリソン氏は「ルールはルールであり、特に国境に関してはそうだ。誰もこのルールの上に立つことはできない。オーストラリアが新型コロナによる死亡率が世界で最も低い国の1つなのは、我々の強力な国境政策のおかげだ」と主張している。

 誰もが予想していなかった急展開に、世界各国で衝撃の声が広がっている。予定通りジョコビッチが9度の優勝を誇る全豪の舞台でプレーできることを祈りたいところだが、非常に厳しい状況に立たされていることは間違いない。果たして一連の騒動はどのような結末を迎えるのだろうか。

文●中村光佑

【PHOTO】テニス史上に残る名プレーヤー!ノバク・ジョコビッチの厳選ショット
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング