専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

大坂なおみとガウフ。グランドスラム2大会連続の対戦は、新たなるライバル関係の始まりとなるのか?【全豪オープン】

内田暁

2020.01.23

大坂なおみ(左)とガウフ(右)は今後、ライバル関係となっていくのか。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

大坂なおみ(左)とガウフ(右)は今後、ライバル関係となっていくのか。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

 会見などで「ライバル」という言葉を聞くと、大坂なおみはいつも、くすぐったそうな笑みを浮かべる。

「ライバルというのは、何度も立て続けに対戦して、勝ったり負けたりを繰り返す間柄でしょ? 私には、まだそんな相手はいないもの」。確かにその定義に照らすなら、彼女にライバルは、まだいないのかもしれない。だがこの先、間違いなくそう呼べる存在が生まれるはずだ。

 昨年9月の全米オープン3回戦で初対戦し、そして今回の全豪オープンでも3回戦での対戦が決まった、ココ・ガウフ――。天才少女と呼ばれるこの15歳は、大坂のライバル候補の最右翼だと言えるだろう。
 
「ライバル」の定義として、大坂は「立て続けに対戦し、勝ったり負けたりを繰り返す間柄」に加え、「好対照で、興味深い関係性」を挙げた。ならばここにもう一つ、「似た者同士」もライバルの条件に入れることができるだろう。

 大坂は、昨年のウインブルドンのロッカールームでガウフを見た時、かつての自分の幻影をそこに見たという。「ジュニアから上がってきたばかりで、周りに知っている人は誰もいない。ヘッドホンをして誰とも話さずにいる彼女の姿を見て、『あ、こういう人知っている』と思ったの」
 
 大坂がここで言う「こういう人」とは、もちろん大坂本人のこと。さらに遡るなら大坂は、5~6年前から、ガウフがフロリダのコートで練習している姿を見てきたという。まだ10歳にもならぬ少女が、他の人たちが来るよりも早くコートを訪れ、一人で黙々とアップをしている――、その光景は感心と共に、大坂の胸に焼き付いた。

 だからこそ、先の全米オープンで対戦した後、大坂はガウフに「一緒にオンコートインタビューをしよう」と呼びかけ、ファミリーボックスの両親には、「ココを素晴らしい選手に育ててくれてありがとう」と涙ながらに謝意を述べた。

 さらに最近でも大坂は、ガウフが父親からオンコートコーチングを受ける動画を、「これ見ると泣いちゃう」のコメントと共にリツイートしている。その動画が胸を打った訳を、大坂は「あの2人の姿は、私と父親を連想させる。彼女の父親の話し方などは、私の父を思い出させるの」と説明した。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング