専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

錦織圭も太鼓判を押すジュニア世界1位の望月慎太郎。あらゆるサーフェスで力を発揮する強さの根本にあるものは?

内田暁

2019.11.07

ウインブルドンジュニアに優勝。日本人男子としては初の快挙。写真:茂木あきら(スマッシュ写真部)

ウインブルドンジュニアに優勝。日本人男子としては初の快挙。写真:茂木あきら(スマッシュ写真部)

「グランドスラムは大きい大会ですが、他の大会でも対戦するのは、ここに出ているような人ばかり。なので、そんなにグランドスラムが特別という捕らえ方をしていないし、1つの大会として考えています。グランドスラム2大会目で優勝と言われるけれど、元から戦える自信はあったので、そこにもう少し経験を積んだことで、勝つことができるようになっているのだと思います。
 コダットもダムも、アカデミーでは同じグループでいつも練習しています。普段はみんな普通に仲が良いし、正直、練習は僕の方がしていると思います。でも試合での結果は、あの2人も出している。彼らは、練習と試合とでは本当に別人なんです。練習の時は、『こいつマジメにやっているのか?』と思うこともありますが、試合になるとすごい集中力だし、強い。顔が全然違いますよ。みんなライバルなので、対戦した時は倒したいという気持ちは常に持っています」。
 ウインブルドンジュニア優勝後にIMGアカデミーに帰ると、寮生やコーチたちが祝福してくれるサプライズがあった。その祝福の輪の中には、錦織圭の姿もある。望月にとって錦織は、時に練習してもらい、アドバイスを求め、「彼のような存在が近くにいるのはうれしい」と頼る大先輩だ。

 そのセレモニー以降のIMGアカデミーでの日常に、何も変化はなかったという。ただ、ある1点を除けば……。

「練習グループも変わってないし、まったくいつも通りです。ただちょっと……、貼られているんですよ、自分の顔の写真が。8番コートに貼られているんですが、僕はいつも1番コートで練習するので、絶対にその前を通るんですよ。ちょっと、気持ち悪いです」。

 8番コートに貼られた写真のように、本人は何も変わったつもりはなくても、ウインブルドンジュニア優勝者を取り囲む変化は、ふとした形で、日常に忍び込んでいたのかもしれない。

 第1シードながら「プレッシャーは感じていない」と挑んだ全米オープンジュニアではあるが、初戦で腹痛に襲われ、苦しい戦いを強いられる。2回戦では、マッチポイントがありながらも逃すと、最後は足に痛みを覚えて逆転負けを喫した。実はこの大会の数週間ほど前から、練習やトレーニング中にも、腹痛や痙攣に襲われることが多かったという。

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング