専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
国内テニス

女子テニスの井上雅が現役引退を表明。「プロの道を選んでよかった」に込められた様々な思い<SMASH>

内田暁

2021.09.23

2009年に参戦したウインブルドン・ジュニアでの4強入り(写真)が、井上にとってターニングポイントとなった。写真=THE DIGEST写真部

2009年に参戦したウインブルドン・ジュニアでの4強入り(写真)が、井上にとってターニングポイントとなった。写真=THE DIGEST写真部

 幼少期に始めて以来、父親と二人三脚で打ち込んできたテニス。ただ子どもの頃は、勝利の喜び以上に、敗戦の痛みが心に刺さる。結果を残しながらも、高校進学時も学業を優先したいとの思いもあった。

 その中で勝ち取ったウインブルドンJr.ベスト4は、自身の中でのテニスの価値観を変える。

「プロとして、ここに戻ってきたい」

 それは夢に向かう未来の自分を、明確に描けた瞬間でもあった。

 ところが皮肉にも、彼女がテニスを続けたいと願った時、両親はその道に進むことを望まなかった。

「両親からは、猛反対されました。すごい厳しい道だということを延々と言われてたんです」

 ただ井上も、折れなかった。

「それはわかってる。それでもグランドスラムを目指して戦いたいし、もう一度その舞台に行きたいからっていうことを、私も延々に言い続けて。もう覚悟をしてると何度も言っているなかで、最後は親もなんとか納得してくれたんです」

 プロへの決断……それは、井上が初めて能動的にテニスを選んだ瞬間であり、両親に逆らい自らの意思を貫いた、ある種の自立の時でもあった。
 
「テニスのない人生はありえなかった」と振り返る井上は結果的に、テニスを基軸に人生の転機に直面し、戦い、決断を下し、選んだ道を自らの足で歩んできた。

「戻ってきたい」と願った場所に、戻ることは叶わなかった。それでも、夢に向かう実感を得ながら走った日々は、幸福なキャリアだったはずだ。

 かつて「好きではなかった」というテニスを今、井上は「キャッチボールのようなもの」だと形容した。

「それこそ会話ではないですが、テニスもラリーをして、つながるものがあると思うんです。対戦相手ともそうですし、イベントなどでお客さまやファンの方とラリーした時もです」

 引退までにあと何度、井上はラリーを介して対戦相手と意思を交わし、見ている人々に想いを届けられるだろうか?

 確かなのは、最後の試合を終えたその時にも、彼女は「プロの道を選んでよかった」と思うだろうということだ。

取材・文●内田暁

【PHOTO】引退表明した井上雅をジュニア時代から振り返る厳選フォトギャラリー

 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング