専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技

「残忍かつ超一流」「チャンピオンは血まみれで…」ワイルダー撃破のフューリーを英メディアが大絶賛!

THE DIGEST編集部

2020.02.24

ワイルダー(右)に文字通りの完勝を収めたフューリー(左)への賛辞が止まらない。 (C) Getty Images

ワイルダー(右)に文字通りの完勝を収めたフューリー(左)への賛辞が止まらない。 (C) Getty Images

 世界に衝撃が走る圧巻のファイトだった。  現地時間2月22日、ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチがアメリカのラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで行なわれ、元3団体統一王者...
 世界に衝撃が走る圧巻のファイトだった。

 現地時間2月22日、ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチがアメリカのラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで行なわれ、元3団体統一王者タイソン・フューリー(イギリス)が、王者のデオンテイ・ワイルダー(アメリカ)に7回1分39秒でのTKO勝ちを収めた。

 試合開始のゴングと同時に積極的に前に出らフューリーは、3回に右のオーバーハンドをワイルダーの左側頭部にヒット。これで完全に流れを掌握すると、5回にはボディーで2度目のダウンを奪取。7回には、フラフラと立ち尽くすワイルダーの状態を見たセコンドからタオルが投げ込まれ、レフェリーストップ。防戦一方となった王者を圧倒したフューリーが、WBCヘビー級ベルトを奪還した。

 戦前の下馬評を覆し、見事に王者の鼻を明かしたフューリー。そんな31歳のファイトに海外メディアからの賛辞が止まらない。

 英衛星放送『Sky Sports』は、「ワイルダーは世界最強のハードパンチャーだと思われていたが、フューリーがその強敵を凌駕した」と綴り、さらにこう続けた。

「残忍かつ超一流のパフォーマンスを示したフューリーがワイルダーを叩き、再び世界王者となった。彼は『2ラウンドで奴をノックアウトする』という試合前の宣言通りに積極的に行くという誓いを守った。フューリーは新たなトレーナーとして雇ったシュガーヒル・スチュアートと数週間だけトレーニングを重ねただけだったにもかかわらず、大きな成功を収めた」
 
 同メディアは、さらに王座から脱落したワイルダーの戦いぶりについて、辛辣に続けている。

「完全にフューリーへ流れがいった3回にワイルダーはリングへ倒れ込んだ。チャンピオンはすぐにぐらつきながらも、すぐさま立ち上がったが、血まみれで傷ついたチャンピオンは明らかに取り乱していた」

 同じく英メディア『BBC』も、この“世紀の再戦”について、「フューリーは溢れんばかりのパワーと巧みなフットワークで、無敵のライバルをいじめ抜いた」とレポートし、マンチェスター生まれの英雄を称えた。

「これは世界タイトルの奪取ということ以上の意味がある勝利であり、フューリーの声明を形にしたものだ。2015年にうつ病を患ってベルトを失い、誰もが『彼は終わった』と諦めた体重増加による絶望の日々は、今のフューリーからは感じられない。

 今や超一流のレベルに戻った彼は、イギリスでのカルトヒーローであり、これからもアメリカで急成長を続けていくことだろう」

 アメリカでWBCのヘビー級ベルトを奪い返して、母国のヒーローとなったフューリー。彼への反響は、しばらく収まらないだろう。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】“世紀の再戦”決着の瞬間! ラスベガスが熱狂したフューリーが7回TKO勝ちを飾ったシーンはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング