専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

ジュニアで表彰台の常連だった本田真凜が、シニア参戦で目の当たりにした、越えなければならない"壁"

辛仁夏

2020.04.26

ジュニアでは表彰台の常連だった本田が、シニアでは大きな壁と戦っている。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

ジュニアでは表彰台の常連だった本田が、シニアでは大きな壁と戦っている。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 2019年-2020年シーズン(今季)の最終戦だった3月の世界フィギュアスケート選手権が、新型コロナウイルス感染の世界的流行によって中止となり、話題豊富だった今季が中途半端に終わるという幕切れ...
 2019年-2020年シーズン(今季)の最終戦だった3月の世界フィギュアスケート選手権が、新型コロナウイルス感染の世界的流行によって中止となり、話題豊富だった今季が中途半端に終わるという幕切れとなった。そんなフィギュアスケート界の中で、今季も変わらぬ人気を集め、一挙手一投足が注目されたスケーターがいた。それが、2016年世界ジュニア選手権女王で18歳の本田真凜だ。今春、高校を卒業して明治大学(政治経済学部)に進学し女子大生になった。

 本田は18年春から練習拠点を米国・ロサンゼルスに移し、世界王者のネイサン・チェン(米国)が指導を受けるラファエル・アルトゥニアンコーチを師事している。彼女が越えようとしている壁、それは『ジャンプ』だ。

 今季は国内大会にも積極的に出場し、日本男子フィギュア界を長らくけん引したソルトレークシティー五輪4位の本田武史コーチからもジャンプ指導を仰いだ。シニア4シーズン目となる来季も、これまで通り日米を行き来しながらスケートと学業の両立を目指すことになりそうだ。
 
 ジュニア時代の本田は、15年ジュニアグランプリ(GP)ファイナルで銅メダルを取り、16年世界ジュニア選手権では優勝を飾り、翌17年の世界ジュニア選手権でも銀メダルを獲得するなど、ジュニアの国際大会ではメダルの常連だった。

 その勢いに乗って、18年2月開幕の平昌五輪(韓国)が控える17年-18年シーズンに満を持してシニアデビューを果たした。「日本代表として平昌五輪に出場する」という最大の目標を掲げ、ジュニアで活躍した自信を持ってシニア勢に挑んだが、それはすぐに打ち砕かれた。シニア大会の初陣となったシーズン初戦のUSインターナショナルを制したものの、GPシリーズ2大会で表彰台に上れず、いずれも5位とつまずく。平昌五輪代表選考会を兼ねた17年の全日本選手権でも好結果を出せずに7位に終わり、夢舞台への切符を逃した。

 練習環境を変えて心機一転で臨んだ翌18年-19年シーズンも、不甲斐ない成績が並び、GPシリーズ2大会の成績は8位と6位に留まり、18年の全日本選手権は自己最悪の15位に沈む。そして、復活を期して臨んだ今季だったが、昨季同様に不振からなかなか脱出できなかった。
 
 シーズン初戦だったGPシリーズ第2戦のスケートカナダでは、大会直前に不運にも交通事故に見舞われた。首や脚などを負傷し、痛みを抱えながらも強行出場して6位となる頑張り屋な一面も見せたが、GP第4戦の中国杯では7位に終わった。シニアのGP大会ではまだ一度も表彰台に立てていない。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング