専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

河本結が重ねた人知れぬ苦労。コロナ後の米ツアーで逆襲なるか【黄金世代の歩み】

山西英希

2020.05.31

壁にブチ当たっては反省し、一生懸命にどうしたらその壁を乗り越えられるのかを考える。その反骨心こそ河本の持ち味だ。(C)Getty Images

壁にブチ当たっては反省し、一生懸命にどうしたらその壁を乗り越えられるのかを考える。その反骨心こそ河本の持ち味だ。(C)Getty Images

 2年前のプロテストに合格すると同時に、下部ツアーのステップアップツアーで4勝を挙げて賞金ランキング1位となった河本結。翌19年のツアー出場権を獲得すると、今度は4戦目のアクサレディスゴルフトー...
 2年前のプロテストに合格すると同時に、下部ツアーのステップアップツアーで4勝を挙げて賞金ランキング1位となった河本結。翌19年のツアー出場権を獲得すると、今度は4戦目のアクサレディスゴルフトーナメントでツアー初優勝を飾る。結果的にシーズンはその1勝で終わったが、安定して上位に食い込んだおかげで賞金ランキング6位に入った。

 特筆すべきは、国内ツアー32試合に出場しながら米女子ツアーの最終予選会にもエントリーし、今季の出場権を手にしたことだ。さらに米女子ツアーデビュー戦となったゲインブリッジLPGAでは8位タイと、まさに順風満帆のゴルフ人生に思えるが、その一方で人知れぬ苦労も重ねてきた。
 
 アマチュア時代は全国大会での優勝こそないものの、早くからプロのトーナメントには参戦してきた河本。中3のときには日医工女子オープンと日本女子オープンに出場。高1では伊藤園レディスで35位タイに入り、初めてベストアマを獲得している。ステップアップツアーも合わせれば、8試合でベストアマになっているのだ。同世代の勝みなみが15歳でツアー優勝を飾り、畑岡奈紗が17歳で日本女子オープンを制したため目立たなかったが、プロのコースセッティングにも対応できる力は持っていた。当然のように、彼女たちが勝てるなら自分にもチャンスがあると考えた。

 しかし、高校卒業後に初めて受けたQTではファイナルまで進めず、翌年はステップアップツアーで戦うしかなかった。自分が下部ツアーで戦っている間、同期の選手が次々と活躍し、黄金世代と呼ばれている。一体自分は何をやっているんだろうかと悩んだという。しかし、落ち込むたびに反骨心で立ち上がるのが河本の持ち味でもある。同じ舞台に立つどころか、それ以上のステージに行ってやろうという気持ちがメラメラと燃え上がる。それがステップアップツアーでの4勝のうち3勝を終盤5試合で挙げたことにつながった。

 18年のオフ、河本はショートゲーム、パッティング、飛距離アップ、トレーニングという4つのテーマを掲げてレベルアップに取り組んだ。自分に足りないものを把握し、それを解消するための方法を考える。結果的にそうやって明確な目標を持ったことで、年間を通して戦える地力がついたことは間違いない。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング