専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

13年の苦楽をともにした“タカマツ”が引退会見で語った胸の内。ペア解散の真実と二人の絆とは

松山ようこ

2020.08.20

引退会見に臨んだ高橋(左)と松友(右)。13年の苦楽をともにしてきた二人が語った言葉とは? 提供:日本ユニシス

引退会見に臨んだ高橋(左)と松友(右)。13年の苦楽をともにしてきた二人が語った言葉とは? 提供:日本ユニシス

「悔いなくできた。それが一番ですね」

 質疑応答が1時間を過ぎようとしていた時、「東京オリンピックの延期がモチベーションに影響を与えたのか」との質問に、高橋礼華は「少なからず……、でもそれが一番ではない」と前置きし、こう言い切った。そして松友美佐紀も、「私たち二人のことについては、悔いなどあるはずはない」と声を揃えた。

『タカマツ』の愛称で知られ、2016年のリオオリンピックで日本バドミントン史上初の金メダリストとなった高橋と松友。両名は8月19日にオンラインで会見を行い、高橋の引退とそれに伴うペア解消を発表した。松友はミックスダブルスで現役を続行する。会見の冒頭、高橋はこう説明した。

「リオ・オリンピックで金メダルを獲った後、その後のモチベーションにすごく悩みましたが、東京オリンピックに向けて二人で頑張ってきました。でも、2019年に五輪選考レースが始まってからは思うような結果が出せないままレースが(新型コロナウイルスの影響で今年3月に)中断になって、その時にあと1年、自分の気持ちと身体が持つのかどうか。松友選手と相談し、所属先の日本ユニシスのスタッフの皆さんに伝えたところ、私の意思を尊重してくれるということになり、今回の決断になりました」
 
 会見は二人からの説明と感謝の気持ちでスタートすると、残りは質疑応答で1時間半近くのほとんどが費やされ、中でも「やり残したことはないのか」、「結果が出なかったのは限界ではなかったのか」、「悔いはなかったのか」という質問が飛び交った。しかし、“タカマツ”はそれらを清々しいまでに否定。やりきった、ことを強調した。

「何より大きかった」と明かしたのは、この3月に行われた五輪選考レースの全英オープン。タカマツペアは、準々決勝の試合直前、新型コロナによって大会が中断されることを知らされる。薄々そうなることは予感していた。そこで二人は「これが二人の最後の試合になるかもしれない。勝っても負けても精一杯の戦いをする」と誓い合って、“大一番”に臨んだ。

 相手は世界ランキング1位の中国ペア。第1ゲーム、8-11から12連続得点で制すると、第2ゲームも先にマッチポイントを迎える。これを決め切れずに20-22でセットを落とすも、ファイナルゲームは13-12から一挙の8連続得点で最強の敵を撃破したのだ。「すべて出し切った」との言葉は、紛れもない事実だった。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

NEXT
PAGE
「本当に幸せなペア人生だった」

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング