専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

15歳の原英莉花がジャンボを師匠に選んだ理由。初対面時は恐怖も感じたが…

山西英希

2020.12.20

15歳当時の原は、ジャンボとの初対面時に、なぜ自分はここに連れてこられたのだろうかとさえ思ったという。(C)Getty Images

15歳当時の原は、ジャンボとの初対面時に、なぜ自分はここに連れてこられたのだろうかとさえ思ったという。(C)Getty Images

 今年の国内女子ツアーで『日本女子オープン』と『JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』の公式戦2試合を制した原英莉花。21年も今シーズンは続くが、現段階で賞金ランキング3位とプロ入り最高の1年を過ごした。原といえば、日本ゴルフ界のレジェンドであるジャンボ尾崎の愛弟子として知られるが、どのような経緯で師弟関係を結んだのだろうか。

【PHOTO】原英莉花が会心のメジャー初優勝!カップにキス、歓喜のガッツポーズ…日本女子オープン最終日の厳選フォトギャラリー

 原がジャンボと初めて出会ったのは、今から約7年前の14年1月4日だった。前年の8月にあるジュニアの大会で上位に入った原のスイングを見た芹澤名人が、親交のあった尾崎智春氏に連絡。当時の智春氏はスポーツ選手のマネジメントをしていたこともあり、その話に興味を持つ。そこで原の実力が本物かどうかを見定めてもらうために、父であるジャンボ尾崎のところへ連れていったのだった。連絡を受けてから半年ほど時間が経過しているのは、原がまだ高校1年生だったため、冬休みに入るのを待っていたからだ。
 
 千葉にあるジャンボ邸には広大な敷地を利用した練習場が設けられていて、練習グリーンやバンカーのほか、トレーニングを行うスペースなどが完備されている。当時15歳だった原は、ジャンボが現役時代にどれだけ活躍していたのかを直接見たことはなかったが、自分なりにその実績は調べており、単純にすごい人だという印象は持っていた。ただ、基本的に女子を教えないジャンボには原に対するウエルカムな雰囲気はなく、その体から発せられるオーラにただただ恐怖心を感じ、なぜ自分はここに連れてこられたのだろうかとさえ思ったという。

 とりあえずジャンボの前で9番アイアンを打ち続けた後、ドライバーを打ってみろと促されたので、思い切って振り抜いてみた。その弾道を見た瞬間、ジャンボの表情が変わる。原の打席の真後ろにイスを用意すると長い間、原の練習をじっくりと見続けた。その様子を間近で見ていた智春氏によれば、ジャンボがあそこまで驚いた表情を見せるとは思わなかったらしく、同時にジャンボが原のポテンシャルの高さを感じた瞬間だったという。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング