専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

村元哉中&高橋大輔がリズムダンス67.83で2位発進。本番前のアクシデントを気力で乗り切る【全日本フィギュア】

THE DIGEST編集部

2020.12.26

村元・高橋組は初めての全日本選手権、リズムダンスで2位発進となった。(C)Getty Images

村元・高橋組は初めての全日本選手権、リズムダンスで2位発進となった。(C)Getty Images

 長野市ビッグハットで開催されている『全日本フィギュアスケート選手権』。26日にアイスダンスのリズムダンス(RD)が行なわれ、今季からカップルを結成した村元哉中・高橋大輔組が67.83点で2位となった。

【PHOTO】高橋大輔、羽生結弦、浅田真央、荒川静香…日本フィギュア界レジェンドを一挙紹介!

 午前中の練習では、高橋の身体が村元の左足に乗るような形で2人で転倒し、村元が動けなくなるというアクシデントがあった。棄権の可能性もささやかれたが、最終滑走の氷上に姿を見せた村元・高橋組は、笑顔で映画『マスク』の曲に合わせて演技をスタートした。

 コミカルなダンスから始まり、曲調が目まぐるしく変わる中、2人は息の合ったステップやターンを見せる。鮮やかなスピンでは客席から思わず拍手が生まれる。リフトも成功させ、演技を終えると2人で抱き合い、安堵の表情を見せた。村元はリンクを引き上げる時に左足をかばう様子を見せており、万全な状態ではなかったようだが、経験豊富な2人が気持ちで乗り切った圧巻の演技だった。
 
 1位は「NHK杯」を制した小松原美里 /小松原尊の夫婦ペア。息の合ったスケーティングと、ダイナミックで高いリフトなどを見せた。27日15時30分よりフリーダンス(FD)が行なわれる。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング