専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「男としてもああいう偉大な人に近づけるように…」皇治が対戦相手の五味隆典に敬意【RIZIN.26】

THE DIGEST編集部

2020.12.31

試合後にお互いを称え合う皇治(左)と五味隆典(右)。(C)RIZIN FF

試合後にお互いを称え合う皇治(左)と五味隆典(右)。(C)RIZIN FF

 12月31日、さいたまスーパーアリーナで開催された総合格闘技『Yogibo presents RIZIN.26』。第12試合のスペシャルワンマッチで元K-1の皇治が、元PRIDEライト級チャンピオンのレジェンド五味隆典と特別ルールのスタンディングバウトで対戦し、0-2の判定負けを喫した。

 皇治は1R、リング中央の五味の周りを距離を取りながら動くが、なかなか中に入れず、両者打ち合ったところで終了。2Rはゴングと同時に五味がラッシュを仕掛けるが、皇治も合わせていく。最終ラウンド、五味の右ストレートが皇治を捕らえるが、皇治は下がらず返していく。五味の足が止まって来たところを皇治がスピードでワンツーを叩き込むが、なかなか五味を崩すことができず、最後は皇治がラッシュを仕掛けたところで試合終了。判定の結果、2-0で五味が大打撃戦を制した。
 
 試合後の会見で皇治は、開口一番「大晦日判定だめだよ、KOじゃなきゃ。以上です」とコメント。対戦を終えての相手の印象について聞かれると「そもそもレジェンドなので、リスペクトしてますし、あの人と戦えたことだけ誇りに思ってます。誇りっていうか良かったです」と話している。

 さらに「負けた後に言葉はないですよ」と何度も繰り返した上で、対戦相手のパンチの重さについて「堅かったですよ、やっぱり一時代を築いた選手なので、すごいパンチだったですね」と称賛。「ああいう男に近づけるように…選手としてはもちろんですけど、男としてもああいう偉大な人に近づけるように、俺が頑張らなあかんなというのは思いました」と感想を口にした。

 また、大晦日のリングで戦えたことについては「ずっと小さな時から五味選手とか見ていましたし、格闘技盛り上げたいだけでここまで必死に上がってきたので、素直に皇治軍団とかファンとか、支えてくれた周りのチームに心から感謝してます」と感謝を伝えている。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング