専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

角田裕毅はレッドブルでF1デビューの可能性もあった!?「我々には彼しかいなかった」とチーム首脳

THE DIGEST編集部

2021.01.10

レッドブルの責任者マルコは「驚異的なスピードを持つ」と角田を絶賛している。(C)Getty Images

レッドブルの責任者マルコは「驚異的なスピードを持つ」と角田を絶賛している。(C)Getty Images

 今季、アルファタウリでF1に初挑戦する角田裕毅。関係者からその能力を高く評価され、早くも多大な期待を集めているルーキーには、別のデビューの仕方があったかもしれないと海外メディアが伝えた。

 2019年に加入したレッドブル・ジュニアチームでF3に参戦し、そこから1年ごとにカテゴリーを駆け上がり、フォーミュラレース参戦5年で最高峰の舞台に立つこととなった20歳を、レッドブルの責任者ヘルムート・マルコは「驚異的なスピードを持つ」と絶賛し、経験以外に欠けているものはないとして、F1での活躍に“お墨付き”を与えている。

 そのマルコがドイツのモータースポーツ専門メディア『Auto Motor und Sport』に語ったところによると、昨年、レッドブルがアレクサンダー・アルボンを降ろし、新たなマックス・フェルスタッペンのチームメイトを探す際、自分たち“持ち駒”の中でそれに値するドライバーはひとりだけだったという。

「角田以外に、我々には誰もいなかった」

 ならば、なぜ彼が選ばれなかったかといえば、「アルファタウリのためには、角田が必要だったから」(マルコ)である。
 
 その結果、レッドブルは昨季、代役でのスポット参戦で抜群の存在感と能力の高さを示したニコ・ヒュルケンベルクと、レーシングポイントで初優勝を飾るなどドライバーとしての熟成ぶりを印象付けたセルジオ・ペレスが候補となり、シーズンを通して安定感したドライビングとタイヤマネジメントを見せた後者がシートを手に入れた。

 つまり、角田がアルファタウリではなく、“1軍チーム”のレッドブルからいきなりデビューを飾る可能性もあったということだが、『Auto Motor und Sport』は、「いきなりの“昇進”はF2のランキング3位のドライバーには時期尚早であり、“火傷を負う”危険性もある。ダニール・クビアト、ピエール・ガスリー、そしてアルボンのように……」とし、首脳陣の判断は正しかったと主張している。

 一方で、トロロッソ(アルファタウリの前身)から昇格して成功したセバスティアン・ヴェッテル、ダニエル・リカルド、フェルスタッペンの例も同メディアは紹介しているが、“弟分”のチームでスタートを切る角田が、ここで着実に経験を積みながら能力を高め、偉大な先輩たちの後に続けるかが注目される。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】角田裕毅のテスト走行のとインタビューの様子

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング