専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「素晴らしい初GP」角田裕毅を英メディアが「開幕戦の勝者」に選定!個人として称賛集める一方、アルファタウリやレッドブルは…

THE DIGEST編集部

2021.03.30

デビュー戦で角田は見事な走りを見せ、9位で2ポイントを獲得した。(C)Getty Images

デビュー戦で角田は見事な走りを見せ、9位で2ポイントを獲得した。(C)Getty Images

 2021年F1世界選手権の開幕戦となるバーレーン・グランプリの決勝が3月28日(現地時間)、同国南部サヒールのバーレーン・インターナショナルサーキットで行なわれた。

 メルセデスの絶対王者ルイス・ハミルトンが、レッドブルの好調マックス・フェルスタッペンに追い詰められながらも首位を守り切って通算勝利数を96に伸ばすなど、多くのエキサイティングな見せ場によって彩られた砂漠の中でのグランプリ。そして、ルーキーながら冷静かつアグレッシブなドライビングで歴代王者たちを抜き去り、9位でデビュー戦ポイントゲットを達成した角田裕毅も、メインキャストのひとりとなった。

 この開幕戦について、各国メディアは様々な取り上げ方をしているが、英国の専門メディア『THE RACE』は「バーレーンGPの勝者と敗者」という形でドライバーやチームを仕分けしている。

「勝者」として挙げられたのは、やはりさっそく1勝を挙げたハミルトン。「レッドブルの方がより良い車を持っていた中で、王者は粘りのレースを展開して希望を見出し、一度は抜いたフェルスタッペンが自主的に下がった後は、二度と攻撃のチャンスを与えなかった。96の勝利の中でも、ベストのひとつ」と同メディアは綴った。
 
 続くのはレッドブルでのデビュー戦を飾ったセルジオ・ペレス。フォーメーションラップで電気系トラブルを起こしてピットスタートとなる不運に見舞われるも、息を吹き返したマシンを駆ってオーバーテイクを重ね、5位でフィニッシュ。同メディアは、彼の怒涛の追い上げを「栄光のテストセッションのようだ」と表現している。

 そして次に選定されたのが角田。「栄光から災害まで、あらゆることが起こった」という同メディアは「アルファタウリの速さを考えれば、9位という結果はチャンスを逸したと捉えることもできる」と綴るも、「1周目で順位を落としたが、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)をパスし、アストンマーティン(ランス・ストロール)を上回っての9位。個人レベルで考えれば、素晴らしい初グランプリだった」とポジティブに評した。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング