専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「スタートで慎重になり過ぎて…」角田裕毅、満足と失望が入り混じるF1デビューも、チーム代表は「ファンタスティック」と称賛

THE DIGEST編集部

2021.03.29

F1ルーキーの角田が9位でゴール。日本人初のデビュー戦入賞を果たした。(C)Getty Images

F1ルーキーの角田が9位でゴール。日本人初のデビュー戦入賞を果たした。(C)Getty Images

 2021年F1世界選手権の開幕戦バーレーン・グランプリは3月28日(現地時間)に決勝が行なわれ、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は9位でフィニッシュ。デビュー戦でのポイント獲得に成功した。

 バーレーン・インターナショナルサーキットでのナイトレース、13位からスタートした20歳の日本人ルーキーは、スタートで伸びずに順位を落としたものの、冷静なドライビングを維持しながらチャンスを窺い続けた。

 道中でフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、セバスティアン・ヴェッテル(アストンマーティン)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)といった歴代王者らを抜き去り、ポイント圏内へ浮上。最終ラップではランス・ストロール(アストンマーティン)をメインストレートで仕留めて、F1最初のレースを締めた。

 日本人のデビュー戦としては、中嶋悟(1987年)、中野信治(1997年)の7位には届かなかったものの、小林可夢偉(2009年)以来の9位を記録するとともに、初のポイントを獲得。なお、日本人でポイントゲッターとなったのは、過去に中嶋、鈴木亜久里、片山右京、中野、佐藤琢磨、中嶋一貴、小林、そして角田の8人である。
 
 目標のひとつを達成した角田は、「最初のグランプリでポイントを獲得できて嬉しいです。我々の車がどれだけ素晴らしいパフォーマンスを発揮できるかを示せたと思います」と満足感を表わした一方で、「スタートで慎重になり過ぎたことで、幾つかポジションを落とし、これを取り返すのに多くの力を注ぐことになったのは、少し残念でした」と反省の意も示した。

 決して浮かれることのないルーキーは、しかしアロンソをオーバーテイクしたことについて「エモーショナルな経験でした。彼は、僕が子どもの頃に見ていたF1のスーパースターであり、とてもエキサイティングでした」と、初々しい部分も垣間見せている。

「バーレーンで多くを学べたことは、とてもポジティブな収穫であり、これはイモラ(次戦エミリオ・ロマーニャGPの会場)で活きると思います。自分のパフォーマンスには誇りを持っていますし、次戦がとても楽しみです」と語り、初戦で手応えと自信を掴んだことを窺わせた角田。同様に、チームもこのルーキーに対する信頼を高めたようだ。
 
NEXT
PAGE
トスト代表はデビュー戦の角田を称賛

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング