専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「日本の偉大な宝石」F1の超新星・角田裕毅に海外メディアも期待!一方でレッドブルの“冷酷な体質”を懸念する声も

THE DIGEST編集部

2021.04.02

開幕戦で一定の成果を残した角田には、各方面から称賛の声が届いている。(C)Getty Images

開幕戦で一定の成果を残した角田には、各方面から称賛の声が届いている。(C)Getty Images

 2021年F1世界選手権の開幕戦バーレーン・グランプリでスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は9位入賞。デビュー戦で早くも2ポイントを獲得した。

 プレシーズンテストでの印象的な走りと予選Q1でいきなり全体の2番手となるタイムを叩き出すなど、強いインパクトを残していた20歳の日本人は、Q2ではチームの戦略でミディアムタイヤを履いたことが災いして敗退、決勝でもスタート時に順位を落としたが、冷静なレースでチャンスを窺い、歴代王者3人を次々にパスする派手なパフォーマンスも発揮して、しっかり結果を残してみせた。

 次戦に大きな期待を残したルーキーに対しては、各国メディアが注目。その中でスペインの『El Confidencial』は「偉大な日本の宝石」と題した記事で角田を取り上げ、その能力の高さを改めて紹介している。

「日本人のF1への愛情は並外れたものだが、これまで献身的なファンの期待に応えられるようなドライバーは国内にいなかったが、今では将来を約束された最高の存在により、ファンは興奮に身を震わせながらレース談義に興じている」と綴る同メディアは、角田を「自信を漲らせる非凡な人間で、日本人ドライバーの平均的なイメージを打ち破った」「カリスマ性に満ちている」と評した。
 
 プレシーズンテストでの好タイム(全体で2番手)が、後にDRSを使用してのものだったことが明らかになったが、それを差し引いても「彼の経験を考えれば、驚くほどの進歩を感じさせた」と綴り、デビューGPでは「チームの選択したミディアムタイヤによってQ3進出を阻まれたが、センセーショナルなペースによって初ポイントを獲得し、努力は報われた」と振り返る。

 そして「日本人ドライバーは1970年代からF1に参戦しているが、159cmと小さく、子どものようにも見える角田のような並外れた可能性を持ったドライバーは、これまでに存在しなかった」と称賛。「日本のファンは今季の母国グランプリに夢中になるだろう」と記事を締めている。
 
NEXT
PAGE
「フェルスタッペン以来の希望」と呼ぶメディアも

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング