専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

羽生結弦が今シーズンベストの107・12点で2位! 宇野昌磨は9位スタート。男子SP首位はネイサン・チェン【フィギュア国別対抗戦】

THE DIGEST編集部

2021.04.15

国別対抗戦のSPに登場した羽生結弦。写真は全日本選手権時のもの。(C)aflo

国別対抗戦のSPに登場した羽生結弦。写真は全日本選手権時のもの。(C)aflo

 4月15日、大阪府の丸善インテックスアリーナ大坂で「世界フィギュアスケート国別対抗戦2021」が幕を開けた。

 国ごとに競技をし、ポイント数で順位を争う団体戦となっているこの大会では、日本のほか、ロシア、米国、カナダ、フランス、イタリアの全6国が参加。各国から男子シングルと女子シングルが2人ずつ(イタリア男子は1名)、ペアとアイスダンスは各チーム1組ずつが出場。ショートプログラム(SP)、フリースケーティング(FS)を行ない、順位ごとにポイントを加算し、団体のポイント合計点で順位を競う。

 日本からはまずアイスダンスの小松原美里・小松原尊組が出場。リズムダンス66・42点で5位につけた(8ポイント獲得)。

 続けて行なわれた女子SPでは、坂本花織が3位(10ポイント)、紀平梨花は4位(9ポイント)で終えている。

 そして、男子SPには羽生結弦と宇野昌磨が登場。9番滑走の宇野は、4回転フリップの着氷が乱れ、4回転トゥループは転倒。続くトリプルアクセルは何とか耐えた。終盤は躍動感のあるステップを披露し、77・46点でSPを9位で終えている。

【フィギュア世界選手権PHOTO】羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真が躍動!男子シングル選手たちの堂々たる姿はこちら
 
 10番滑走の羽生は、ロビー・ウィリアムズの『Let me Entertain You』を披露。冒頭4回転サルコーを降り、4回転+3回転トゥループも着氷すると、最後のトリプルアクセルは顏が氷面間近まで迫る体勢で耐えた。107・12点のシーズン自己ベストでSP2位につけた。

 また、最終滑走にはアメリカ代表の世界選手権王者、ネイサン・チェンが登場した。4回転フリップ、トリプルアクセルを難なく成功させ、後半に4回転+3回転トゥループのコンビネーションを着氷。今シーズンベストの109・65点でSP首位に立った。

 3位にはアメリカのジェイソン・ブラウンが(94・86点)、4位にフランスのケビン・エイモズ(94・69点)、5位にロシアのミハエル・コリャダ(93・42点)と続いている。

 総合順位では、日本は11ポイントと4ポイントを獲得し、計42ポイントで1位ロシア(49ポイント)、2位アメリカ(47ポイント)を追う3位につけている。

 翌16日にはアイスダンスのフリーダンス、男子シングルのフリースケーティングが行なわれる。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】清廉なたたずまいからロックスタイルまで!羽生結弦のシニアデビューから現在をプレイバック!

【動画】ネイサン・チェンの圧巻4回転フリップ! SPでの演技の様子はこちら
NEXT
PAGE
【動画】ネイサン・チェンの圧巻4回転フリップ! SPでの演技の様子はこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング