専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「あっちはサーカスだ」挑発を繰り返す“お騒がせYouTuber”にUFC社長もブチギレ!「とにかく全部クソどうでもいい…」

THE DIGEST編集部

2021.04.26

UFC側への挑発を繰り返しているジェイク(左)に、“御大”であるホワイト社長も激怒した。(C)Getty Images

UFC側への挑発を繰り返しているジェイク(左)に、“御大”であるホワイト社長も激怒した。(C)Getty Images

 世界に話題を振りまく“お騒がせYouTuber”の存在感は日増しに強まっている。

 物議の対象となっているのは、米国の人気YouTuberでボクシングに挑戦しているジェイク・ポール(米国)だ。今月17日に行なわれたイベントでのクルーザー級マッチで、元UFCファイターのベン・アスクレン(米国)に1回TKO勝ちを収めた男は、試合後に「次はどいつを引退させようかな」とツイートし、総合格闘技界最大の団体『UFC』に挑発的な態度を示したのだ。

 これに対してUFC側も黙ってはいない。現地時間4月24日にカマル・ウスマン(ナイジェリア)とホルヘ・マスビダル(米国)によるウエルター級タイトルマッチが組まれたイベント『UFC261』に来場したジェイクに対し、解説を務めていた元UFC二階級同時王者のダニエル・コーミエが「すぐそこにいるから、ブッ叩いてやろうと思った」と本人に近づき、「俺らで遊ぶな」と“警告”した。

 有客で行なわれて1万5000人ものファンが集った会場では「ジェイクはクソッタレ(Fワードを使用したもの)」というチャントが大合唱され、完全アウェーとなった24歳に追い打ちをかけたのは、UFCの社長であるダナ・ホワイトだ。

 以前から「あまりにUFCの選手たちを対戦相手として挙げるなら、法的手段も考える」と怒りを露わにしていた名プロモーターは、イベント後に「ジェイクは先日の試合で150万件のPPV購入があり、7500万ドルの収益があったようですが、どう思いますか?」と訊かれ、こう返した。

【動画】渾身のストレートで一閃! アスクレンを撃破したジェイクのTKOシーンはこちら
「は? 数字が見込めるかだと? まず、そもそもそんな数字は嘘っぱちだろうが、クソ野郎。それに近い数字にだって至ってないだろうよ」

 語気を強めたホワイト社長は、「あのガキの言うことは何も信じられない」とし、「あっちはクソサーカス。俺はここでリアルなビジネスというものを構築した」とキッパリと明言した。

「聞いてくれ、もう一度だけ言おう。あのガキは、よくやったと思うよ。自分でそういう場所を用意して、それなりの金を稼いだ。あいつはそれでよかったと思う。なにしろそのおかげで君ら報道陣は、こうして俺にアイツのことを聞いてくるわけだし、コーミエもあいつを構ったりした。

 40歳で、30ポンドも軽いNBAの選手をKOして、アスクレンに関しては、俺は何も分かりはしないが……。まぁ、とにかく全部クソどうでもいい。いいかい、坊や。もちろん、それを見たかった人がたくさんいただろう。だがな、こっちがやってることっていうのは、今夜起きたことなんだよ」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング